東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】146話のネタバレ【エマが現代で死亡してる可能性が浮上】

東京卍リベンジャーズ146話のネタバレを掲載しています。146話では、真一郎の墓参りに来ていたタケミチ、イヌピーの前にイザナ、そしてマイキーとエマが現れる。タケミチはエマが現代で死んでしまっている可能性に気づいてしまう。東京卍リベンジャーズ146話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ146話のネタバレ

これだけは人任せにできねぇ

2月22日朝。タケミチとイヌピーは真一郎の墓に来ていた。

イヌピーが「真一郎君、コイツが十一代目黒龍総長花垣武道です」と紹介すると、タケミチは「初代の名に恥じない最っ高のチームを作ります」と頭を下げる。

すると、「黒龍創設の日に十一代目誕生か、おもしれー」「オマエが花垣武道か」とイザナが現れる。

イヌピーが「イザナぁ、テメェ」と叫ぶと、タケミチは「コイツがこの時代の黒川イザナ!?」と男の正体に気づく。イヌピーが「テメェ、ココをどうするつもりだコラ!!?」とイザナの胸ぐらを掴むと、イザナは「オイオイ」「どうするつもりも何もアイツの方から天竺に入ってきたんだぜ?」と返す。

イザナが「離せよ、オレは兄貴の墓参りに来ただけだ」「九井が手に入った今、テメェにはキョーミねぇよ、乾」と言い放つと、イヌピーは「テメェ」とブチギレるが、そこに「やめとけイヌピー」とマイキーとエマが現れる。

イザナが「へー、仲良く兄妹で墓参り?」と言うと、タケミチは「なんかすげぇ事になってきた」と内心ビビっており、マイキーは「タケミっち、エマ連れて離れてろ」と伝えていく。

その頃、半間が「自分の手ぇ汚すなんてらしくねーじゃん、稀咲」とバイクに乗って現れると、バットを持った稀咲が「ああ、これだけは人任せにできねぇ」と返していた。





エマちゃんって現代にいたっけ?

エマはタケミチに連れられ「あの人が打ちのもう一人のお兄ちゃん、イザナだよね?」と聞いていた。

その頃、イザナは「今夜20時横浜第7埠頭に東卍総動員で来い」「天竺対東卍総決戦だ」「全部終わらそーぜ?マイキー」と告げていた。

エマが「これから喧嘩するんでしょ?」と聞くと、タケミチは「多分」と答える。エマが「男の子ってなんで喧嘩ばっかりするのかな?」「東京卍會総長、無敵のマイキー」「マイキーは人前で強い所しか見せない」「兄貴が死んだ時も場地が死んだ時も、どんな時でも弱い顔は見せないのがマイキー、誰にも」「でも、ホントのホントは今でも使い古したタオルケット握りしめてないと寝れない弱い男の子」「君やウチと一緒」「だから、どっかで張りつめた糸が切れちゃった時、その時はウチが絶対マイキーを助けてあげるんだ」「マイキーがそうしてくれたみたいにね」「なーんてカッコつけすぎかな?」と語ると、タケミチは「そっか」「マイキー君の事一番わかってて一番支えになってるのって実はエマちゃんなのかもな」と感じるが、ふと「あれ?」「現代のマイキー君は闇堕ちしてる」「エマちゃんがいるのに?」「エマちゃんって現代にいたっけ?」と不穏な事実に気づいてしまう。

<<前の話 146話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。