東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】139話のネタバレ【ムーチョが黒川イザナの仲間と明らかに】

東京卍リベンジャーズ139話のネタバレを掲載しています。139話では、タケミチがムーチョにボコられどこかに拉致されてしまう。そして、ムーチョの正体が極悪の世代の一人でイザナの仲間であることが明らかになる。東京卍リベンジャーズ139話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ139話のネタバレ

ムーチョ

ムーチョが「よう花垣」と車から降りてくると、千冬が「気をつけろ、タケミっち」と注意するが、すでにアッくんたちは伍番隊に捕まっていた。

タケミチが「なんだ?なんだ!?」「え?どういう事?」と事態を飲み込めずにいると、ムーチョにいきなり殴りつけられる。

タケミチが「ちょ、何するんスか!!?」と言うが、ムーチョは問答無用でタケミチを殴りまくる。

タケミチが「東卍で内輪揉めはご法度だろ」と叫ぶが、ムーチョの拳は止まらずタケミチは意識を失ってしまった。

ムーチョが「イザナの野郎、余計な仕事を増やしやがって」「三途、コイツ車に乗せろ」と命じ、タケミチをどこかへ連れ去っていく。





極悪の世代

気を失っていたタケミチが目を覚ます。

ムーチョが「起きたか、花垣ぃ?」と言うと、タケミチが「今ぁ天竺との抗争中だぞ」「こんな事してる場合じゃねぇだろ!?」と言い、ムーチョは「横を見ろ、花垣」「役者は揃った」「さぁ、始めようか」と告げ、そこにはボコボコにされたココとイヌピーの姿もあった。

ココが「ちっ、こんな奴まで捕まえてきやがったか、S62の亡霊が」と言うと、タケミチが「S62って天竺の幹部たち?」「それってどういう事っスか?」と食いつき、イヌピーが「コイツは元々黒川イザナたちの仲間」「少年院で出会った6人、極悪の世代だ」とムーチョの正体を明かしていく。

5年前。ムーチョはイザナたちと同じ少年院にいた。

ムーチョが「お前らには関係ねぇ、イザナとオレの問題だ」と言い放つと、タケミチは「コイツ、一体何者なんだ!?」と考えていた。

<<前の話 139話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。