東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】137話のネタバレ【黒川イザナの目的が判明】

東京卍リベンジャーズ137話のネタバレを掲載しています。137話では、イザナと真一郎が親密な関係にあったことが明らかになる。真一郎宛てのイザナの手紙から、イザナが東卍を狙う目的が明かされる。東京卍リベンジャーズ137話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ137話のネタバレ

万次郎の話はもうしないで

かつてエマの母親が「エマ、お兄ちゃんにバイバイして」と伝えると、イザナは「お別れだ」「ニィはシセツに行くんだ」と告げ、エマは「シセツ?」「楽しいトコロ?」と尋ねていた。

イザナが「うん、きっと楽しい」と答えると、エマは「えー、いーなー」「エマも行きたい」と羨ましがり、イザナは「そのうち必ず迎えに行く」「約束だ、エマ」と伝えていた。

エマが「ちょっとー、マイキーには何度も話したよ」「マイキーにとっても異母兄弟なんだからね」「エマの旧姓は黒川でそっちにもお兄ちゃんがいるって」と言うが、マイキーは「え?そうだっけ?」と覚えておらず、タケミチは「エマちゃんの兄貴って事はマイキー君とも兄弟!?」「衝撃すぎる」と口をあんぐりしていた。

タケミチが「あのっ、エマちゃん?」「そのお兄さん、黒川イザナについになんか覚えてる事ある?」と聞くと、エマは「さすがにないかなー」「エマ3歳までしか一緒にいなかったし」「あっ、でも、真兄と仲良かったみたいだよ」と答え、ドラケンは「え?なんで真一郎君と黒川イザナが?」と不思議がっていた。

エマは「ちょっと待ってて」と缶いっぱいに入った真一郎宛ての黒川イザナの手紙を持ってくる。

エマが「目は通してないけどこの手紙の量、そーとー仲良しでしょ」と言うと、ドラケンは「仲良しっていうかちょっと怖ぇな」と引いていた。

一同は手紙を読んでいきエマが「どお?なんかわかった?」と聞くと、ドラケンが「これが多分一番最初の手紙だ」「拝啓真一郎様、この前は訪ねてきてくれてありがとう」「家族がいて嬉しい」と手紙を読み上げ、タケミチは「真一郎君から会いに行ったんだ」と理解する。とある手紙を読むとマイキーは「なるほどね」「ちょっと風に当たってくるわ」と一人部屋を後にしてしまった。

ドラケンが「拝啓真一郎様、最近ずっと頭が痛い、苦しい」「きっとアイツのせいだ」「万次郎の話はもうしないで」とマイキーが読んだ手紙を読み上げ、「黒川イザナは幼くして家族に捨てられた」「そして、初めて自分を訪ねてきてくれた真一郎君っていう家族、それがコイツの唯一の支えだったとしたら」「マイキーをどう思うんだろう?」と口にし、タケミチは「たしかに」「真一郎君から黒龍を受け継いで、だけど黒龍はマイキー君の為に残したと言われた時、黒川イザナは何を想ったんだろう?」と考えていく。



八代目の意志

エマが「嫉妬?」とつぶやくと、ドラケンが「ああ、マイキーへの激しい嫉妬、恨み」「ずっと引っ掛かってた事がある」「東卍結成時、九代目黒龍総長斑目獅音の言ったセリフ」と斑目が「八代目の意志を継ぎぃ、佐野万次郎、そして東京卍會は黒龍が潰す」と宣言していたことを思い出していた。

タケミチが「八代目の意志?え?」「黒龍の八代目総長は黒川イザナだ」と気づき、ドラケンが「そう、九代目黒龍が一虎に粉かけてたのも真一郎君にバレないゆにマイキーを潰す為に黒川イザナが仕組んだ事だとしたら?」「黒川イザナの私怨だったとしたら?」と言い、タケミチは「真一郎君のいない今、天竺を創って自ら乗り込んできたんだ」「今度こそマイキー君を潰す為に」「血の繋がった弟を潰す為に」とイザナの目的に気づいていく。

<<前の話 137話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。