東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】130話のネタバレ【天竺がS62世代中心のチームだと判明】

東京卍リベンジャーズ130話のネタバレを掲載しています。130話では、天竺がS62世代中心のチームと明らかになる。タケミチは千冬の助言で一度現代に戻ることを決める。東京卍リベンジャーズ130話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ130話のネタバレ

S62世代

タケミチが「カクちゃん、「黒川イザナを救ってくれ」ってどういう事だよ?」と確認すると、鶴蝶は「タケミチ、オレはこの抗争をよく思ってねぇ」「イザナは稀咲ってヤローに利用されてる」と伝えていた。

タケミチが「オレはまた稀咲に踊らされてるだけなのか?」と考えながら集会に参加すると、ドラケンが「これより東京卍會緊急集会を始める」と宣言する。

タケミチが「この集会で少しでも何か手がかりをつかみたい」と考えていると、ドラケンが「昨日、ウチのメンバーが東京各所で襲撃にあった」「横浜の天竺ってチームの仕業だ」「天竺は最近になってできたチームだ」「どんなチームかまだわかんねぇ」「オマエらの持ってる情報がほしい」「まず最初にモメたのは壱番隊、前に出ろと指示する。

千冬が「オレらを襲ってきたのは望月隊と名乗ってました」と話すと、ナホヤが「呪華武元総長望月莞爾が率いてる部隊だ」「恐らく天竺の主力部隊」と補足し、東卍の不良たちは「S62世代の一人だ」とザワついていた。

三ツ谷が「天竺の主力はモッチーじゃねーよ」「天竺には灰谷兄弟もいた」と割って入ると、「灰谷兄弟って六本木仕切ってるあの灰谷!?」「S62世代連中ばっかりじゃん」と不良たちがまたもザワついていく。

ドラケンが「マイキー、他でやられた連中みんなが口を揃えて言っていた、斑目にやられた、と」と伝えると、マイキーは「なるほど」「オレらがつぶした九代目黒龍の亡霊か」と理解する。武藤が「その斑目もS62世代の一人だ」と言うと、マイキーは「つまり、天竺はまとまるはずのないS62世代の連中が一つになったチームって事か」と気づき、ドラケンは「東卍との因縁も深そうだな」とつぶやく。

マイキーが「なんにしてもやられっぱなしは気にいらねぇ」「次はオレらから横浜に攻め込む」と宣言すると、タケミチは「ダメだ」「この戦い、稀咲の思惑通りに進んでる気がする」と危機感を感じていた。すると、千冬が「だったらそれを確信に変えろよ」と言い、タケミチは「は?どういう事!?」と理解できていなかったが、千冬は「オマエって本当バカな」「せっかくオマエは現代を知れるんだ」「戻らねーって誓ったからってさ、必要な時は戻りゃいいじゃん」ともっともなことを教えてくれる。

「東卍総動員で天竺と抗争だ」と盛り上がっている一方、千冬は「未来でナオトに相談してこい」「わかる事もあるハズだ」とタケミチに助言していた。





何度でも何度でも

タケミチが「今何が起こってて、稀咲は何を企んでいるのか?」「そして、稀咲は本当にタイムリーパーなのか?」「あの最悪の現代には二度と戻りたくなかったけどしょうがねぇ」「現代を変える為なら何度だって戻ってやるさ」とナオトを求め橘家の前にやって来ると、そこにヒナタが現れる。

ヒナタが「あれ?また喧嘩!?」とタケミチの傷に気づくと、タケミチは「そう、あの日燃え上がる炎の前で誓ったように」「何度でも何度でも」と未来を変える決意を固めていた。

<<前の話 130話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。