東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】129話のネタバレ【タケミチと鶴蝶が幼馴染と明らかに】

東京卍リベンジャーズ129話のネタバレを掲載しています。129話では、鶴蝶がナホヤとのタイマンを引き受けていく。鶴蝶はタケミチと幼馴染であることが明らかになり、「黒川イザナを救ってくれ」とタケミチに伝えていく。東京卍リベンジャーズ129話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ129話のネタバレ

4対1だ

タケミチが「何人いんだよ、コレ」とビビると、鶴蝶が「100人」と告げる。が、鶴蝶は「オマエら出てけ」と天竺の不良たちを外に出し、「4対100なんて卑怯なマネはしねぇよ」「4対1だ」と言い放つ。

ナホヤが「へー」「カッケェじゃねぇか、コノヤロウ」「東京卍會肆番隊隊長河田ナホヤ」「そっちが一人ならこっちも一人だ」と名乗り、鶴蝶は「天竺四天王鶴蝶だ」とタイマンを引き受ける。

その頃、マイキーが一人たい焼きで「オマエも海に逃げてぇのか?」と遊んでいると、イザナが「たいやき君てさ、最後どうなるんだっけ?」と声をかけてくる。

イザナが「オレは黒川イザナ」「いいバイク乗ってるね」「また会おう」とだけ告げ去っていった。



黒川イザナを救ってくれ

ナホヤと鶴蝶は一進一退の攻防を続けていた。

ナホヤがドロップキックをかますと鶴蝶は吹っ飛ばされる。

ナホヤたちが「四天王っていうだけあって強かったぜ、鶴蝶」「よーし、東京戻るぞー」と引き上げていくと、タケミチも「なーんか気になんだよなぁ、鶴蝶」「ま、いっか」と引き上げようとするが、鶴蝶が「ちくしょー」「悔しいぞ、タケミチ」と突如叫ぶ。すると、タケミチは鶴蝶が幼馴染であることに気づき、鶴蝶が「やーっと思い出したか、バカミチ」と起き上がる。

タケミチが「えー!?えー!!?」と驚くと、鶴蝶が「小2以来だな」と微笑む。タケミチが「カクちゃん」「そうだ、小2の時転向しちゃって」「元気?」と言うと、鶴蝶は「オマエと二人で話したくてね」「わざと負けた」とフラフラになりながら返す。

タケミチが「ウソつけ」とツッコむと、鶴蝶は「本当だぜ!?」「オレメッチャ強ぇんだから」と返していく。タケミチが「昔っからそうやって喧嘩ばっかして負けず嫌いで」「変わんねぇな」「あのカクちゃんが天竺の四天王かよー」と懐かしがると、鶴蝶は「オマエの噂も届いてるぜ」「東卍の壱番隊隊長」「オマエもあの頃から変わんねぇな」「オレのヒーローだった」「天竺総長の名前は黒川イザナ」「今のオレのヒーローは黒川イザナだ」「オレはこの人に命を捧げてる」「つまり、オレとオマエは敵同士だ」「だからこそ頼みてぇ」「黒川イザナを救ってくれ」と伝えていく。

<<前の話 129話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。