東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】128話のネタバレ【天竺四天王のメンバーが登場】

東京卍リベンジャーズ128話のネタバレを掲載しています。128話では、東卍のメンバーたちが天竺四天王に襲撃されていく。天竺のアジトに到着したタケミチたちだったが、そこには天竺四天王の鶴蝶が待ち受けていた。東京卍リベンジャーズ128話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ128話のネタバレ

その顔やめろ

タケミチの必死な表情を見て千冬が「なあ、タケミっち」「オマエが焦る気持ちはわかるよ?」「オマエが今まで必死こいて直してたモノをその度に全部稀咲がぶっ壊してたらたまんねぇよな」「でもなぁ、タケミっち」「その顔やめろ」とタケミチの顔を引っ張っていく。

千冬が「オマエはさぁ、こうなりすぎ」「今目の前に稀咲がいるか?」「すぐに稀咲と会えんのか?」「今大事なのは天竺が何者かって事だ」「稀咲が裏で糸引いてんならなおさらな」「もし稀咲もタイムリーパーならきっと今必死なはずだ」「だって現代で死んでんだろ?アイツ」と話していくと、タケミチは「たしかに」「って事はアイツ、未来に戻れないのか」「今回はアイツも失敗してるんだ」と納得する。稀咲が「まずは本当に稀咲がタイムリープしてんのか確認しねぇと始まんねぇよ」「稀咲は天竺にいる」「アジトにいるかもしれねぇな」と伝えていくと、ナホヤとソウヤが「おーい、天竺のアジトわかったぞ」と近づいてくる。

ナホヤのバイクの後ろに乗ったタケミチが「天竺ってどんなチームなんスか?」と聞くと、ナホヤは「最近できたチームだから知らねぇよ」「なぁ?アングリー」と言う。

ソウヤが「うん」「でも、ヤベぇ組織なのは間違いねぇよ」「最近できたチームなのに神奈川の不良をまとめ上げてるらしいからね」と返すと、ナホヤは「まぁモッチーみたいなバケモンはそういねぇけど」「モッチークラスが何人もいたら東卍もヤベぇかもな」と伝えていく。



天竺四天王

新宿にて、三ツ谷と望月がバトっていた。

望月が「楽しくなってきた」と強く拳を握ると、「オイ、モッチー」「何一人で楽しんでんだぁ?」と灰谷兄弟弟の灰谷竜胆が現れる。

三ツ谷が「灰谷兄弟!!?」と焦っていると、灰谷兄弟兄の灰谷蘭に不意打ちでレンガで殴られ倒れてしまう。

望月が「テメェら横からシャシャってきて人の獲物取ってんじゃねぇぞ、コラ」とキレると、竜胆が「兄ちゃんはいつもいいとこ取りだよ」「ポーズ取るのも嫌い」と言い、蘭は「誰がやったとかどうでもよくね?」「東卍はそんな甘い考えで潰せるチームじゃねぇよ」「今まだ油断してっから速攻が大事」と正論を突きつけ、他の東卍狩りに向かっていく。やられて三ツ谷は「くっ、呪華武の元総長だけじゃなくて、灰谷兄弟まで取り込んでやがんのかよ」「マジでヤベぇぞ天竺」と感じていた。

渋谷にて、東卍の不良たちが元九代目黒龍総長にして天竺四天王の斑目獅音にボコられていた。

横浜にある天竺のアジトに到着したタケミチたちだったが、そこには大量の天竺の不良たちが待ち構えていた。

ナホヤが「こりゃアジトっつうか」と言うと、ソウヤが「ワナだね」と返し、天竺四天王で喧嘩屋の鶴蝶が「やっと来たな」と言い放つ。

<<前の話 128話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。