東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】126話のネタバレ【双子コンビの東卍肆番隊が登場】

東京卍リベンジャーズ126話のネタバレを掲載しています。126話では、天竺四天王の一人である望月莞爾が現れる。タケミチたちが望月隊に囲まれると、河田ナホヤ&ソウヤの肆番隊双子コンビが駆けつける。東京卍リベンジャーズ126話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ126話のネタバレ

オレの東卍を創る

稀咲が「よう、ヒーロー」「東京卍會参番隊隊長改め、横浜天竺新参謀稀咲鉄太だ」と言い放つ。

タケミチが「天竺新参謀?」「オマエ、それって東卍クビになったから速攻で乗り換えたって事か?」と言うと、稀咲は「タケミっち、テメェの脳みそで俺を測るな」「オレはオレの東卍を創る」「マイキーもいつかオレを認めるしかなくなるさ」と告げ、タケミチは「何言ってんだ?」「それにヒーローって」と意味を理解できずにいた。

半間が「稀咲ぃ、そろそろ行くぞー?」と声をかけると、稀咲は「絶体絶命だな、タケミっち」「こんなトコで終わるなよ?」「また会おう」と半間のバイクに乗って去っていった。



双子

そこに「東卍ってよー」「5つの部隊でできてんだろー?」「あと4つも同じ感じか?」「チョレェな東卍」と天竺の四天王である望月莞爾が現れる。

望月が千冬を放り投げ「新宿の方で弐番隊の奴とカチ合ったって連絡が入った」「オレはそっちに向かう」「こいつらは二度と歯向かえねぇ体にしてやれ」「いいか、鶴蝶の野郎が出る前に東卍ぶっ潰す」「手柄は全部望月隊が掻っさらう」「テメェら望月隊にココの後始末を任せたぞ」と指示していくと、タケミチたちは望月隊に囲まれる。

タケミチが「こんなズタボロのオレらに何人かけんだよ、天竺!?」とビビっていると、突如バイクが突っ込んでくる。

天竺の不良たちが「目黒のツインデビルだぁぁぁ」「逃げろぉぉ」「轢き殺されるぞぉぉ」と逃げていくと、「よう壱番隊」とバイクに乗った男が声をかけてくる。

タケミチが「え!?」「この人って肆番隊・隊長の河田ナホヤ君!?」「あれ?でも、ナホヤ君っていつも笑ってるハズじゃ」と違和感を感じていると、ナホヤらしき男が「見て」「道に倒れてたから手当はしたけど、でもちゃんと病院連れてってあげてね?」「心配だから」とタクヤを助けていたことを伝えていく。

そこに、「オイオイ、タケミっち」「そいつはナホヤじゃねぇよ」と本物のナホヤが現れる。

タケミチが「???」「ナホヤ君が二人ぃぃ!!?」と驚くと、山岸が「双子だよ」「スマイルの下の心は鬼、兄の通称スマイリー」「ブチギレ顔のエンジェル・ハート、弟の通称アングリー」「肆番隊隊長&副隊長コンビだ」と伝えていく。

<<前の話 126話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。