東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】120話のネタバレ【タケミチと千冬がマイキー打倒を決意】

東京卍リベンジャーズ120話のネタバレを掲載しています。120話では、タケミチが再びタイムリープし、公園で千冬と出会っていく。そこで二人はマイキー打倒を決意する。東京卍リベンジャーズ120話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ120話のネタバレ

強くなんねぇと未来は変えれねぇ

2006年。雨の中千冬が歩いていると、公園でタイヤと格闘するタケミチを発見する。

「何やってんだ、オマエ?」と千冬が声をかけると、タケミチはめちゃめちゃ驚いていく。

タケミチが「ななな、なんでここにオマエが!?」と聞くと、千冬は「なんでって」「オマエんち行こうと思ったらこんなとこで一人でタイヤと戦ってるアホが見えて」「この雨の中タイヤと喋るのはちょっとキモすぎるぞ、オマエ」と告げ、タケミチは「うっせぇ」「オレは忙しいんだ」「遊んでる暇はねぇ」と言い放つ。千冬が「あン?」「なんだその言い方」とイラっとすると、タケミチは「オレは今修行中なんだ」「誰よりも強くなってやるんだ」「とにかく」「強くなんねぇと未来は変えれねぇ」と相変わらずタイヤとの格闘を続け、それを聞いた千冬は「え?」「オマエ、未来のタケミっちか?」と気づいていく。





だってまた会えたじゃん

タケミチが未来で起きたことを話すと、千冬は「えぇぇぇ!!?」「みんな死んでた!!?」「しかも、マイキー君に殺された!!?」「マジかよ!?」と驚愕し、タケミチは「だから、強くなるんだ、オレ」とタイヤを殴っていく。千冬が「へ?」「それでタイヤと格闘してんの?」「小学生か、オマエは!?」とツッコむと、タケミチは「うっせぇ」「現代のオレは東卍やめてみんなに庇ってもらってた」「情けねぇよな、オレ」「だから、東卍に居続ける為にみんなに認めてもらわなきゃダメなんだ」と言い放ち、千冬はタケミチの手が血まみれなことに気づく。

千冬が「オマエ、もしかして一日中コレ殴ってたのか?」「やめろよ、タケミっち」「そんな拳痛めつけて壊したら強くなるも何もねぇぞ!?」と止めよとするが、タケミチは「たくさん考えたよ」「ナオトと一緒にね」「過去で何をすればいい未来が訪れるか、みんなが救えるか」「何か、何か手掛かりがないか走り回ったよ」「誰がヒナを殺したのか、本当にマイキー君がみんなを殺したのか」とタイヤを殴ることをやめず、見かねた千冬が「いい加減にしろよ、タケミっち」と無理やり止めていく。

倒れたタケミチが「なんもわかんなかった」「みんなをどうやって救えばいいのか、手掛かりがなんもねぇ」「千冬ぅぅぅ」「辛ぇよぉぉ、悲しいよぉぉ」「マイキー君、オレの手の中で死んだんだ」「まだ手にマイキー君の感覚が残ってるんだ」「しんどいよぉぉ」と号泣すると、千冬は「きっつい未来だったんだな」「でもさ、オレは正直嬉しいよ」「だってまた会えたじゃん」「ホラ、もう会えねぇと思ってたからさっ」「オレ、何すればいいのかわかった気がする」「マイキー君をぶっ飛ばす」と決意する。

タケミチが「は?何言ってんだ、オマエ?」「殺されるぞ?」とツッコむと、千冬は「うん」「殺されたんだろ?オレ」と返す。タケミチが「いや、そういう事じゃなくて」と呆れていると、千冬は「だってムカつくじゃん、黙って殺されるなんてさ」「マイキー君は強すぎるから本気でぶつかってくれる奴がいなかったんだよ」「そして、本気でぶつかれる奴はきっと、東卍しかいなくね?」と笑顔で伝えていく。

<<前の話 120話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。