東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】111話のネタバレ【稀咲が東卍を除名処分に】

東京卍リベンジャーズ111話のネタバレを掲載しています。111話では、新年一発目の集会が開かれ、黒龍が東卍の傘下に降ることが告げられる。そして、マイキーの口から稀咲の除名が宣告される。東京卍リベンジャーズ111話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ111話のネタバレ

新年一発目

ドラケンが「これより新年一発目、東京卍會全体集会を始める」「東卍と黒龍は対立してきた」「一度は和平協定が結ばれたが破綻」「それは兄弟でもある弐番隊副隊長と黒龍総長の確執が原因だった」「そして、東卍はクリスマスに黒龍とぶつかり激戦の末勝利した」と集会を始めていく。

ドラケンが「この件の事でみんなの前で話したい奴が3人いる」「一人目、柴八戒前へ」と八戒を呼び、八戒が「始まりはオレのくだらねぇちっちぇ嘘だった」「そのちっちぇ嘘を守る為にオレは家族を、東卍を巻き込んだ」「そして、事はデカくなり、東卍対黒龍の抗争まで発展した」「全てオレの責任だ」「みんな、すまなかった」と頭を下げていく。

すると、武藤が「気にすんな、八戒」「抗争の火種なんてよ、そもそもいつでもちっちぇモンだ」と声をかけ、ナホヤも「それに黒龍には勝ったんだ」「結果オーライっしょ」「なぁ、みんな!?」と言い、他のメンバーたちも「頭上げろよ八戒」「誰もお前を責めねーぞ」と八戒を快く迎えてくれた。

三ツ谷が「八戒」「お前はこれからも東京卍會弐番隊副隊長だ」「みんなもそれでいいよな!!?」と言うと、八戒がコールが巻き起こる。

千冬が「対黒龍の戦い、八戒を救えただけでも苦労した甲斐があったな、タケミっち」と言うと、タケミチは「うん」と返していく。



オマエをクビにする

ドラケンが「二人目は乾、前へ」と言うと、黒龍の乾とココが前に出る。

ココが「十代目黒龍は東卍に負けた」「総長である柴大寿は引退」「オレらは十一代目として黒龍を継いだ」と話し出すと、乾が「そして、マイキーと話し合った結果、東卍の傘下に降る事にした」と語り、マイキーが「黒龍は壱番隊、つまり花垣タケミチの下につく」と伝えていく。

タケミチが驚愕していると、マイキーが「いいな!?タケミっち」と念を押す。タケミチが「黒龍がオレの下につく?」「なんで、それは一体誰の判断なんすか!?」と尋ねると、マイキーは「「東卍に降るならオマエの下につきたい」」「それが黒龍の意志だ」と告げ、千冬は「100%裏があンな」と勘ぐっていた。

ココが「よろしくな、隊長」と言うと、乾は「いきなり信じろとは言わねぇ」「力が必要な時は言え、手を貸す」とタケミチに声をかける。

ドラケンが「みんな静かに」と周りを鎮めると、マイキーが「このクリスマス決戦を踏まえて最後に話したのはオレだ」「稀咲鉄太」「オマエをクビにする」と宣言していく。

<<前の話 111話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。