東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】110話のネタバレ【東卍メンバーで新年を迎える初詣回】

東京卍リベンジャーズ110話のネタバレを掲載しています。110話では、タケミチがヒナタと初詣にやって来ていた。東卍メンバーも来ており、みんなで新年を迎えていく。東京卍リベンジャーズ110話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ110話のネタバレ

初詣

2005年12月31日。タケミチとヒナタは初詣に来ていた。

そこに、三ツ谷、八戒、柚葉が声をかけてくる。

タケミチは三ツ谷の妹のルナとマナに気づく。

タケミチが「いくつー?」と絡みにいくが、ルナとマナは「子供扱いすんなよ、アホ面」と返し、「美人好きー」とヒナタに抱きついていく。

ヒナタが「柚葉ちゃんも八戒君ももう怪我平気?」と聞くと、柚葉は「うん、完治」「ね、八戒」と答え、女性が苦手な八戒は相変わらずつーんとしていた。

ルナとマナが「お姉ちゃん手ぇ繋いで」とヒナタに言うと、タケミチが「コラコラ、オレのヒナだぞ」とキレ、三ツ谷は「オマエよくそんな恥ずかしい台詞声荒げて言えんな?」と引いていた。

柚葉が三ツ谷をじーっと見ているのに気づき、八戒が「そっかぁ、姉ちゃん」「そりゃあ惚れるよな」「クリスマスめっちゃかっこよかったもんな」と声をかけると、柚葉「ウン」「大寿がさ、一昨日家出てく時にこう言ってた」と話していく。

大寿は「オレは八戒を強く育てたかった」「弱ぇアイツにイラついてた」「花垣武道は何者だ?」「オレには変えれなかった八戒をアイツは変えた」「もうこの家にオレは必要ねぇ」「改心するつもりはねぇ」「でも、暴力が全てじゃねぇ事は認める」「お別れだ、柚葉」「せいせいすんだろ」と言いながら家を出ていった。

柚葉が「アイツは結局、オマエと兄貴二人を変えた」「アタシはそんな花垣武道が」と頬を赤らめると、八戒は「え?」「ちょ、ちょっと待ってよ姉ちゃん」「タカちゃんにホの字じゃねぇの?」とまさかの答えに驚くが、柚葉は「ん?三ツ谷?」「兄弟にしか見えない、坊主だし」と返す。

八戒が「えぇ!!?」「姉ちゃん、タケミっちに恋してんの!?」と驚愕すると、柚葉は「バカ違ぇよ、そういんじゃねぇよ」「一方的な想いは罪じゃねぇだろ」と返した。



ハッピーニューイヤー

ヒナタが絵馬に気づくと、タケミチは「お、書こうよ書こうよ」とみんなで絵馬を書くことになった。

タケミチが絵馬を書き終えるとヒナタが「なんて書いたの?」と聞いてくるが、タケミチは「ヒナ、えっとホラ」「人に見せたら叶わなくなるっていうじゃん!?」と焦って隠していく。

八戒と三ツ谷も「え?なになにー」と集まってくると、タケミチは焦って絵馬を放り投げてしまう。

すると、落ちた絵馬を千冬が拾っていく。

タケミチが「それ返して」と千冬から取り上げようとするが、千冬はなぜか絵馬を放り投げてしまった。

タケミチの叫び声にナホヤと武藤も気づいていた。

タケミチが「待ってー、オレの絵馬あああ」と転がる絵馬を追いかけると、エマが「オレのエマ?」「オレのエマって何よ?」とタケミチに気づく。

マイキーが「「オレのエマ」ってコレ?」とタケミチの絵馬を拾うと、タケミチは「あー」「返してください」と息を切らしながらお願いする。

そして、年明けのカウントダウンが始まりみんなで新年を迎えていく。

その頃、半間が「まさかタケミっちがこんなにやるとはなぁ、意外」と言うと、稀咲は「こんなんんで終わらせねぇよ」と何かを企んでいた。

<<前の話 110話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。