東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】109話のネタバレ【タケミチとヒナタが復縁】

東京卍リベンジャーズ109話のネタバレを掲載しています。109話では、タケミチとヒナタが復縁していく。そして、マイキーがタケミチに自身の弱さを打ち明ける。東京卍リベンジャーズ109話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ109話のネタバレ

仲直り

タケミチの言葉を聞いたヒナタが「初詣、連れてって」と言うと、タケミチは「え?それって」「じゃあ」と返し、ヒナタは「仲直り」と微笑みかける。

タケミチが「ヒナぁぁぁ」と大泣きすると、それを見たドラケンが「女に弱くて喧嘩も弱くて」「でも、いざって時は頼りになる」「ホントあの人みてぇだな、タケミっちは」と伝え、マイキーは「ああ」と返す。

マイキーは「ちょっと一緒に走ろうよ」とタケミチをツーリングに誘っていく。

ベランダから様子を見ていたヒナタの母親が「アナタの負けね」「こうやって大人になってくんだなぁ」「これ以上ちょっかいかけたらヒナタに絶交されちゃうわよ?」と言うと、正人は「それは困る」「だが、こんな時間だから早く連れ戻したい」と返していく。





自分に負けない事だ

マイキーが後ろにタケミチを乗せてバイクを走らせていた。

タケミチが「マイキー君はやっぱ不思議だ」「みんなといる時は怖くて近寄りがたいのに、こうやって二人でいるとなんか、穏やかでなんでも話してくれそうで」と考えながら「マイキー君って親は?」と聞くと、マイキーは「ん?いねぇよ」「じいちゃんとエマと3人暮らし」と答える。タケミチが「へぇ」「おじいちゃん子なんですね、意外」と返すと、マイキーは「エマだけ母ちゃん違って昔は別々に暮らしてたんだけどさ」「あいつの母ちゃん10年前くらいにウチにエマ置いてどっか行っちゃった」「兄貴がオレら二人の親代わりだった」「何をするにも10コ上の兄貴の後ろについてってさ」「色んな事兄貴に教わった」「たまにわかんなくなる」「当たり前のようにいた兄貴がいない」「それがどういう事なのか理解できなくなる」「そういう時はいつも頭が真っ白になって、右も左も上も下もわかんなくなっちまう」「何が正しくて、何が間違ってんのか」と本音をぶちまけ、タケミチは「マイキー君はわかってるんだ」「このままじゃ自分がおかしくなっちゃうって」「深い闇を抱えてるって」と感じていた。

バイクから降り、マイキーが「兄貴は暴走族のトップだったくせに喧嘩が弱かった」と話し出すと、タケミチは「メッチャ意外なんスけど」「マイキー君のお兄さんが!?」と信じられずにいた。

マイキーは「兄貴の周りにはみんな集まってきた」「東京中の不良たちが自分より弱い兄貴を慕った」と兄の話をしていく。

子供の頃のマイキーが「シンイチローは喧嘩も弱いし、女のケツばっか追いかけてるし、オナラも臭いのになんで男にモテるんだ?」と聞くと、真一郎が「マンジローにはまだわかんねぇよ」と笑って返し、マイキーは「東京中の猛者たちを先導する兄貴はいつでもキラッキラに輝いてた」と振り返っていく。

マイキーが「あの人が後ろにいるから負けねぇ」「みんなきっとそう思ってた」と言うと、タケミチは「マイキーみたいっスね」と伝える。マイキーが「オレは弱いよ」「オマエは強い、タケミっち」「本当に大切な事は喧嘩に勝つ事じゃねぇ、自分に負けない事だ」「オマエは弱ぇのに誰にも屈しない」「あの黒龍にすら屈しなかった」「挫けそうな時、オレがオレでなくなりそうな時、オレを叱ってくれ、タケミっち」「兄貴のように」と告げ、タケミチは「もちろんです」と返していく。

<<前の話 109話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。