東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】104話のネタバレ【マイキーが大寿に瞬殺される】

東京卍リベンジャーズ104話のネタバレを掲載しています。104話では、タケミチたちの危機にマイキーが教会に駆けつける。が、マイキーが大寿にワンパンで沈められていく。東京卍リベンジャーズ104話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ104話のネタバレ

メリークリスマス

バブーという音が鳴り響くと三ツ谷が「マイキーのバブだ」と音の正体に気づいていく。

タケミチが「マイキー君が、ここに?」「助かった」と感じながら「マイキー君さえいれば、黒龍に勝てる」とつぶやくが、三ツ谷は「そうかな?」「そもそもオレらは東卍と黒龍の和平協定に背いてここにいるんだ」「マイキーはどう思うかな?」と不安要素を口にしていく。

すると、マイキーが「メリークリスマス」「こんな日に何やってんだよ、オマエら」と笑顔で教会に入ってくる。

三ツ谷が「マイキーすまねぇ」「オレのせいでこうなった」「自分で作った和平協定、自分で破っちゃ世話ねぇよな」「見ての通り黒龍とモメちまった」と伝えると、マイキーは「兄貴が気付いたんだ、オマエのインパルスの音に」「そしたら場地がね、こんなにコールがうめぇのは絶ッ対ェ三ツ谷だ、って」「二人がここに導いてくれた」と意味不明なことを口にしていく。

三ツ谷が「マイキー?」「オマエ、何言ってんだ?」と不安に感じていると、マイキーが大寿を見て「アイツらがオマエの敵だな?」と口にする。大寿が「テメェが無敵のマイキーか!?」と不敵に笑うと、マイキーは「なんで邪魔すんだ?」「またみんなで走りてぇだけなのに」「三ツ谷がいなくなっちまったら兄貴も場地も悲しむだろ!?」と感情のない目で言い放つ。





聖夜は終わった

三ツ谷が「マイキー、オマエ」とマイキーの身を案じていると、タケミチは一虎の「マイキーは巨悪だ」という言葉を思い出しながら「ダメだマイキー君、その状態で戦っちゃ」と感じていた。

すると、大寿がマイキーの顔面を打ち抜いていく。

マイキーが大寿に一撃でのされてしまった。

12時になり鐘が鳴り、大寿が「聖夜の鐘までオレの勝利を祝福してる」「無敵のマイキー破れたりぃぃ」と叫ぶと、三ツ谷が「大寿、テメェエェ」「殺す」と大寿に向かっていくが、「聖夜は終わった」とマイキーが立ち上がる。

<<前の話 104話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。