東京卍リベンジャーズ

【東京卍リベンジャーズ】102話のネタバレ【八戒が大寿を戦うことを決意】

東京卍リベンジャーズ102話のネタバレを掲載しています。102話では、タケミチたちの言葉を聞いた八戒が大寿と戦うことを決意する。が、大寿の力は圧倒的で、さらに外は黒龍の不良100人に囲まれていることが明かされる。東京卍リベンジャーズ102話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ102話のネタバレ

家族を守る為にテメェをぶっ飛ばす

三ツ谷が「みんな弱ぇ」「だから、家族がいる」と言うと、タケミチは「そんな嘘でオマエを見捨てねぇ」「それが東卍だ」と叫び、それを聞いた八戒は「みんな下がってくれ」「タカちゃん、千冬、タケミっち」「オマエらボロボロじゃねぇか」「ありがとう、もう怖くねぇ」「二度と黒龍のトップクは着ねぇ」と覚悟を決める。

大寿が「乗せられて強くなったつもりか!?」「あ!?」「家族だと!?」「本当の家族はどっちだ!?」「オレだろうが」「テメェはずっと柴家を守ってきた長男に逆らうのか!!?」と殴りかかろうとすると、八戒はカウンターをお見舞いしていく。

そして、八戒は「東京卍會弐番隊副隊長柴八戒」「柚葉を、仲間を、家族を守る為にテメェをぶっ飛ばす」と宣言し、千冬は「八戒が変わった」「殺すじゃなくて、ぶっ飛ばすって」「タケミっち、未来が変わるぞ」と確信していた。



今度はオレらの番だ

大寿は「神は、まだ私に試練を?」「私はッ、二人も家族を殺めなければならないのですかぁ!!?」「こんなにも愛しているのに!!!?」と涙を流しながら八戒を殴りつけていく。

大寿が「残念だ八戒」「テメェらも生きて帰さねぇ」「逃げようとしても無駄だぞ」「この教会は黒龍の精鋭100人が囲んでる」と告げ、外には大量の黒龍の不良たちの姿があった。

タケミチが「そもそも逃げる気はねぇ」「千冬、黒龍を潰さねぇと未来は変わらねぇ」と言い放ち、千冬も「そうだな、タケミっち」「同感だ」と同調する。

柚葉が「オマエら、何笑ってんだよ?」「冗談じゃねぇんだぞ!?」「本当に死ぬかもしれねぇんだぞ!!?」と言うと、三ツ谷は「ゴメンな」「その期待が人を苦しめる事もある」「オレの期待が八戒を苦しめた」「兄貴失格だな」「オマエは一人で八戒を守ってきたんだな、柚葉」「マジ尊敬する」「今度はオレらの番だ」と伝えていく。

<<前の話 102話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることができるので、今ま...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。