黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】9話のネタバレ【ナシエンスの魔力が判明!!!!!】

黙示録の四騎士9話の要約と注目ポイントをまとめています。9話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士9話のネタバレ

調合薬を飲んだパーシバルは倒れてしまう。

パーシバルは悶えていくが、体中に元気が漲っていく。

ナシエンスの調合は成功していたのだ。

以前、この谷にはオルドという老薬師が住んでいた。

オルドの人柄もあり妖精たちに好かれていた。谷に捨てられていた赤ん坊のナシエンスを拾ったのもオルドだった。が、オルドは突然谷から姿を消してしまう。

薬を飲んだナシエンスが目を覚ますと、妖精たちから石を投げられてしまう。

パーシバルが「ナシエンスは谷を救うため薬を作っていたんだぞ」と助けると、ナシエンスはなにかを生成していく。

ナシエンスの魔力は「調毒」。自ら毒を接種し体に覚えさせることで、毒を自在に生成し合成することができるという能力だった。

ナシエンスはミスティ・レインで谷中に毒を届け、谷を蘇らせていた。

ケガや病を治すには毒を知り尽くす必要があり、毒素はすべて処方の仕方次第で薬にすることができるのであった。「毒を知らずして命は救えぬ」というのがオルドの教えだった。

その頃。ナシエンスが捕まえていた妖精がオルドに語りかけていた。

<<前の話 9話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。