黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】82話のネタバレ【パーシバルたちがバラバラになりそう・・・】

黙示録の四騎士82話の要約と注目ポイントをまとめています。82話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士82話のネタバレ

翌日、アンが早朝から訓練に励むイゾルデを発見する。

イゾルデは「私みたいな大柄な女の子がオシャレなんて無意味だって」と考えていたが、トリスタンだけは「君に似合うと思うよ」とリボンをくれたことに感激し、トリスタンに忠誠を誓うことにしたのだった。アンのおかげでパーシバルの誤解が解けイゾルデが「トリスタン隊とパーシバル隊の聖騎士同士、これからお互いに頑張りましょう」と言うが、アンは「私聖騎士じゃないから」と返した。

ナシエンスはヘンドリクセンの珍しい研究素材にテンションを上げていた。

ヘンドリクセンはナシエンスの豊富な知識を評価し自身の施薬院で働くことを提案するが、ナシエンスは「俺はパーシバルの役に立ちたくて」とパーシバルと一緒にいる旨を伝える。ヘンドリクセンが「だけど君は聖騎士じゃない」と言うと、ナシエンスは揺れていた。

ドニーの元にキオンとジェイドが現れる。

ドニーがハウザーの甥であることを知ったキオンは「修行に耐えかねて一ヶ月で逃げ出したのは有名な話だよ」と馬鹿にし、パーシバルのことまで馬鹿にすると、ドニーは「パーシバルをバカにする奴は絶対に許さねえ」とブチギレた。

そこにギルサンダーが現れる。

ドニーは国王に呼ばれていた。キオンがギルサンダーの息子であることが明かされる。

パーシバルたちがメリオダスの元に呼ばれていた。

<<前の話 82話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。