黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】81話のネタバレ【アーサーとの戦いが終結!!!!!】

黙示録の四騎士81話の要約と注目ポイントをまとめています。81話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士81話のネタバレ

戦いが終わり、パーシバルたちはお城に招かれていた。

アンは国民の「キャメロットに連れていって」という声を聞いてしまっており、それが引っかかっていた。

パーシバルが「メリオダスとランスロットはもっと強かった」と言うと、アンが「メリオダス」という言葉に食いつく。

ティティスがメラガランの亡骸の元に現れると、そこにランスロットも現れる。

ランスロットが「13人を殺した奴らの冥福を祈るのか?」と聞くと、ティティスは「祈りではない、ただの同情さ」「それと13人ではなく12人だろう」と返す。ティティスが捕虜を失ったという失態を責めると、ランスロットは「てめえに俺の気持ちなんてわかるかよクソババア」と返すも、ティティスは「今の私はお前と同じ16だ」と返した。

ランスロットがジェリコの言葉を思い出し「愛だとか恋だとか俺にはまだよく」と考えていると、ギネヴィアを思い出し「また明日行ってみるか」ともう一度ギネヴィアに会うことを決める。

その頃、トリスタンは自分の無力さを悔やみながら稽古に励んでいた。

ガウェインはアーサーの言葉を思い出しながら「じいや、ばあや、我をギュッって抱きしめて」と怖がっていた。

ランスロットがパーシバルの部屋を訪れると、疲れて全員寝てしまっていた。

<<前の話 81話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。