黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】80話のネタバレ【アーサーの混沌がガチでやばい・・・】

黙示録の四騎士80話の要約と注目ポイントをまとめています。80話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士80話のネタバレ

ランスロットの実力はトリスタンの遥か上をいくことが明かされた。6年前、ベンウィック王国で神隠しに遭い、その3年後戻ってきた時には恐ろしいまでの実力と魔力を身につけていたのだという。

アーサーはランスロットの強さの秘密は読心術だと見抜いていた。ランスロットは剣を拾いシャイニング・ロードを繰り出す。

アーサーはランスロットを認めながらも「私を討つにはまだ実力不足かな」とランスロットを上空に吹き飛ばし、巨大な手を生み出し打ち落としていく。

アーサーの混沌は宿主たるアーサーを無意識に守る習性があった。アーサーの意志とは関係のない意志なき意志のようなものだった。

ランスロットは「てめえこそ俺を何も理解しちゃいねえ」と本気を出す。

すると、空には巨大な空飛ぶ船が現れていた。

キャメロットの混沌の騎士団が乗っており、イロンシッドが「今この場での全面衝突は得策とは言えません」と伝える。ダルフレア方面・ベンウィック方面・妖精王の森方面から強大な攻撃的意志を感じていたのであった。

ランスロットがアーサーを貫くが、アーサーには効いていなかった。

アーサーは〈黙示録の四騎士〉への認識を変えていた。〈黙示録の四騎士〉とその仲間を一人残らず根絶することを宣言する。

<<前の話 80話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。