黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】8話のネタバレ【パーシバルVSナシエンス!!!】

黙示録の四騎士8話の要約と注目ポイントをまとめています。8話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士8話のネタバレ

パーシバルは捕まっていた。

そこにナシエンスが声をかけてくる。

ナシエンスがパーシバルに注射をし、「1時間後にまた来ます」と薬が効くのを待とうとするが、一瞬にしてパーシバルに効果が表れた。

ナシエンスは捕まえていた妖精をモルモットにしようとしたのは事実だが、勝手に侵入してきた上に襲いかかってきたと真相を語った。

ナシエンスが口から血を垂らしていたのは、興奮すると唇を噛んでしまうという癖とのこと。

ドニーたちが途中凶暴化した植物らに襲われると、妖精たちは「全部ナシエンスの仕業だよ」と言うが、ドロレスは「ナシエンスはそんな子じゃないの〜」と強く否定した。

ナシエンスは最後の実験を行おうとしていた。ただ、配分量を少しでも間違うと死んでしまうとのこと。パーシバルは「僕にだって果たさなくちゃいけない目的があるんだ」と力ずくで拘束を解いた。

ナシエンスは麻痺毒と睡眠毒を武器に付与していく。

パーシバルがナシエンスのナイフを捌いていく。ナシエンスは薬を完成させ、谷を救おうとしていることを明かす。それを聞いたパーシバルは自ら薬を飲み干していく。

「だったら僕が試す」とパーシバルはケロッとしていた。

<<前の話 8話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。