黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】79話のネタバレ【ランスロットがマジのガチで最強・・・】

黙示録の四騎士79話の要約と注目ポイントをまとめています。79話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士79話のネタバレ

エリザベスは「とても嫌な予感がするの」と言うが、ティティスという女は「大ハズレ」と口にする。城内からメリオダスの状況を把握してる風なので、ティティスは広範囲を見渡せる魔力だったりするのでしょうか。

アーサーの剣は折れており、メリオダスは斬られていなかった。

トリスタンの暴走が続くが、突如シャイニング・ロードが飛んでくる。

おかげでトリスタンは正気を取り戻した。ランスロットが駆けつけたのである。

ランスロットはアーサーの鼻から血を噴き出させていく。

さらに、ジャブをお見舞いした。

ランスロットがアーサーの相手を引き受け、アーサーを蹴り飛ばす。

アーサーは剣で蹴りを防いでいた。アーサーの剣は混沌の神具カルンウェナンで、何度刃が欠けたり折れたりしようと新しい刃が生まれるという代物だった。

「そんじゃこっちの「は」は?」とランスロットが奪ったアーサーの歯を見せる。

アーサーは混沌の力で再生させる。

「なぜ右腕は義手のままなんだ?」と聞かれれると、アーサーは「これは私自身の戒めなのさ、自らの甘さと弱さへのね」と答える。

二人の激しい戦いが続く。ランスロットがアーサーを圧倒していたのであった。

<<前の話 79話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。