黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】75話のネタバレ【トリスタンの魔神モードがやばいwwwww】

黙示録の四騎士75話の要約と注目ポイントをまとめています。75話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士75話のネタバレ

〈黙示録の四騎士〉を守るため、リオネスの聖騎士たちがメラガランと戦っていく。

パーシバルが目を覚まし、ミニパーシバル軍団が登場した。ミニパーシバルの知性が上がっており、パーシバルに希望が集まるほどミニパーシバルも成長する模様。

ミニパーシバルは負傷した聖騎士を一瞬で全快させるほどの力があった。

メラガランは惨散斬を繰り出す。

リオネス聖騎士の総攻撃もメラガランの耐久力にはまったく通用していなかった。パーシバルは強くなっており、メラガランに傷を負わせていく。

パーシバルも「体中から力が湧き出てくる」と自分の力を実感していたが、メラガランはそれをも圧倒していた。

イゾルデは「魔力とは己の強い意志・思想・体験から発現するもの、私はトリスタン様を傷つけようとする者すべてを打ち砕く」と立ち上がる。イゾルデの魔力が「熱愛」というトリスタンへの愛から生まれたものと明かされた。

トリスタンが目を覚まし、イゾルデの危機を救った。

メラガランが不浄の子という技を放つが、トリスタンは意に介していなかった。トリスタンはランスロットを呼ぶよう伝えていく。「1人じゃ抑えが利かないんだよ」とメラスキュラの頭部をぶっこ抜いていった。

<<前の話 75話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。