黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】7話のネタバレ【ナシエンスがやばい・・・】

黙示録の四騎士7話の要約と注目ポイントをまとめています。7話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士7話のネタバレ

パーシバルたちは竜の背骨を抜け、巨大な谷にたどり着く。

ドニーが弓矢で食料を確保しようとするが巨人族の女に命中してしまう。

この巨人はドロレスだった。そこに妖精が現れ「木霊の谷に妙なカブトの人間が入っちゃたんだ」とパーシバルが入ってきたことが伝えられる。妖精たちいわく、今の木霊の谷は地獄と化しているとのこと。

木霊の谷では植物や動物が凶暴化していた。

パーシバルは返り討ちにして食料を確保していくと、とある小屋を発見する。

中では怪しい少年が謎の生物を脅していた。

そこにパーシバルが入ってくる。パーシバルが捕まってる生物を助けてあげるが、パーシバルは眠らされてしまう。

妖精たちは「あいつのせいでこの谷の動植物はみんな凶暴化したんだ」とナシエンスの存在に言及していた。

<<前の話 7話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。