黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】64話のネタバレ【〈十戒〉のガラン・メラスキュラが復活wwwww】

黙示録の四騎士64話の要約と注目ポイントをまとめています。64話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士64話のネタバレ

ガウェインが大泣きする。ペルガルドが「まずは素直に負けを認めることがお前の成長を促し」と説教するが、ガウェインは負けを認められなかった。

ペルガルドが「興が醒めたわ」と撤退しようとすると、トリスタンは「手負いの者とj本気で戦う気はありませんよ、それに仲間を助けてくれた恩義もある」「ですが、次はないと思ってくださいね」と伝えた。

ペルガルドが盾に乗って撤退すると、パーシバルの魔力で傷が治されていたことに気づいた。

ガウェインが「じいやとばあやだって我がこの世で一番強いって言ったもーん」と泣き叫ぶと、トリスタンは「私もそう思いますよ、今日はたまたま調子が悪かっただけなんですよね」と慰めた。トリスタンのフォローでガウェインがいつもの調子を取り戻す。

ガウェインがパーシバルに「さっき我の顔に入れた一撃、トリスタン王子に免じて許してやる」と伝えると、パーシバルは「別に許してくれなくたっていいもんね」とムッとしていた。

ドニーたちと一緒にいるランスロットはペルガルドの反応が薄れていくことを感じていた。ペルガルドの魔力がなくなったことで別の妙な魔力の存在に気づき、城の方に急いでいく。

謎のマントを被った者たちがいた。

リオネスの聖騎士たちが追い詰めていくと、一人のマントの者が逃走する。残ったマントが〈十戒〉ガランの頭を取り出し復活の呪文を唱えていく。

すると、ガランが復活し聖騎士の頭を潰した。

ヘンドリクセンは十戒の禍々しい魔力を感じ焦りまくっていた。ガランを復活させたのメラスキュラだった。

「アーサー王により力を授かり、〈七つの大罪〉および〈黙示録の四騎士〉に滅びをもたらさん」と言い放つ。

<<前の話 64話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。