黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】61話のネタバレ【黙示録の四騎士が全員集結】

黙示録の四騎士61話の要約と注目ポイントをまとめています。61話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士61話のネタバレ

「我こそは太陽の主、ガウェイン」とガウェインが正体を明かす。

町に火の手が上がり、メリオダスも騒ぎが起きていることに気づく。

パーシバルが魔力で味方たちを包む。

ペルガルドが「予定通り力ずくでお前を連れ帰らせてもらうとしよう」と言うと、パーシバルは「連れ帰られてたまるかーっ」と武器にエンチャントし斬りかかる。

ペルガルドが不知火を繰り出すと、パーシバルは剣でかき消した。

ペルガルドが「忘れたか?我が炎は相手を焼き尽くすまで追尾しつづけることを」と言い放つと、炎がパーシバルに襲いかかる。

が、パーシバルの魔力が炎をすべて吸い込んでいった。

すると、ペルガルドが絢爛業火で魔力を焼き尽くした。

パーシバルが「今の僕じゃまだ勝てないのか!!?」と実力差を感じていると、「消すぞ?」とガウェインが現れ炎を簡単に消した。

「チンケな炎使いごときが」と馬鹿にされるとペルガルドはブチギレ、炎をハッスルがそれも簡単に消し飛ばされた。

「他人の恋路を邪魔する不届き者め、せっかくの雰囲気を台無しにしてくれたほんの礼だ」と金色の魔力を放つと、パーシバルがガウェインであることに気づく。その魔力にトリスタンも気づきガウェインの元に駆けつけた。

ペルガルドが混沌の騎士と気づいたトリスタンは片方の瞳を魔神族のものに変える。

そこにランスロットも現れペルガルドに撤退を勧めた。

こうして黙示録の四騎士が一堂に集うこととなった。

<<前の話 61話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。