黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】60話のネタバレ【最後の予言の騎士ガウェインがクソ可愛いww】

黙示録の四騎士60話の要約と注目ポイントをまとめています。60話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士60話のネタバレ

ペルガルドは錯綜する森からパーシバルたちを追ってきていたのであった。

ペリオペルガルドが混沌の騎士であることを知ると、「あいにく俺はうぬぼれ屋じゃないんだ」と仲間とともにペルガルドを討伐しようとする。

ペルガルドは鎧を纏い勝負を受けて出た。

パーシバルもともに戦おうとするが、ペリオは「予言の騎士を護るのも我ら聖騎士の務めだ」と戦いを引き受けていった。

イゾルデは「生きる意味も生きる価値も見出せないわ」と絶望していた。

そこに「隣よろしいでしょうか?」と謎の人物が声をかけてくる。

謎の人物は「あなたのような可憐な女性に涙は似合わない」とイゾルデを励ますが、イゾルデは「からかわないで」「怪力が取り柄の身長6フィート以上の女なんてあの方には不釣り合いだって分かってるの」とトリスタンへの想いが叶わないことを口にする。謎の男が「身長のことでとやかく言う器の小さい男のことなど忘れてしまいなさい」「そして、我と愛を語り合いましょう」と言うが、イゾルデは「私はフラれたからってすぐ他人になびくような軽い女じゃないわよ」と返し、街での騒ぎに気づいていった。

聖騎士たちとペルガルドの戦いが始まっていた。

ペルガルドは武器を振り上げるつもりが地面に放置してしまい、右に振り向こうとしたのに首を左に向けてしまい、自分の思い通りに身体が動かせないことに気づいていく。ペリオの魔力は「天邪鬼」で、相手は四肢を意志とは真逆にしか動かせなくなってしまうのであった。ペリオが確保を命じるが、ペルガルドは「ならば俺は魔力のみで貴様らを叩きのめしてやる」と圧倒的魔力で対応した。

イゾルデがペルガルドの圧倒的魔力に驚くと、謎の人物が「やれやれ、せっかくのいいムードを台無しにしてくれる」と魔力を繰り出しイゾルデを守った。

イゾルデを守った人物の正体は太陽の主ガウェインだった。

<<前の話 60話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。