黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】59話のネタバレ【ペルガルドの正体が判明!!!!】

黙示録の四騎士59話の要約と注目ポイントをまとめています。59話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士59話のネタバレ

ランスロットがいきなりキスしてきた少女を引き剥がす。

女が「お互い初キスでしょ?」と感想を聞くが、ランスロットは「俺はキス程度経験済みなんだっつーの」と返すが、「お師匠からもらったおデコチューはカウントしちゃダメよ?」と見透かされる。

ランスロットがやはり心を読んでいることを疑うが、女は「さっきも言ったけど私にそんな力はないわ」「私はあなたに直接沢山話を聞いて知ってるだけなの」と返した。ランスロットは初めて会うにもかかわらず誰も知らない情報を知る女に正体を尋ねると、女も「私もあなたに会うのは今日が初めてだから」と返した。女の従者が迎えに来ると、ランスロットに名前を尋ねられ「ギネヴィア」と答えた。

ギネヴィアは「私リオネスに明日までいるはずだからまた会いましょ?」と告げ、さらにランスロットたちが捜している人物の居場所を教えてあげると言う。

その頃、キオンはガウェインと思われる鎧の人物を追い詰めていた。

土の精で地中に埋めようとすると、トリスタンが星の瞬きで邪魔をしていく。

トリスタンはアンからキオンの常軌を逸した行動をこっそり聞かされており、キオンを警戒していたのであった。トリスタンは癒やしの星で鎧の男を助けると、鎧の男が正体を明かす。

トリスタンはこの男がガウェインだと思い込んでいたが、正体は聖騎士見習いのタンタルという男であった。散歩中偶然脱ぎ捨てられていた鎧を身につけていただけだったのである。

ペリオが荒くれと交戦を続ける。

ペリオが名のある聖騎士であることを確信しどこの国かを尋ねると、荒くれは「それを話せば殴り合いではなく殺し合いになるがそれでも知りたいかな?」と雰囲気を変えていく。

そこにパーシバルが現れガウェインかと尋ねると、荒くれは「パーシバル、会いたかったぞー」と笑顔を見せた。パーシバルは面識がなかったが、荒くれは「俺との勝負に敗けたらお前は我が弟子になると」と伝え、その男がペルガルドであることが明らかになる。

<<前の話 59話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。