黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】58話のネタバレ【ランスロットの恋人が登場!!!】

黙示録の四騎士58話の要約と注目ポイントをまとめています。58話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士58話のネタバレ

キオンは〈黙示録の四騎士〉を必要とすることに懐疑的だった。トリスタン隊でガウェインの捜索を続けるが、いつの間にかキオンは姿をくらまし、一人ガウェインの元に来ていた。キオンは「予言なんてものを僕は信じない、信用するのは自分と自分が信じるものだけ」とガウェインを始末しようとしていた。

パーシバルたちはトリスタンの話を手掛かりにガウェインを捜索していると、突如謎の気配を感じ驚いていく。

西門警備統轄の紅玉の聖騎士ペリオが不審な輩に取り調べを行おうと声をかけた。

ペリオが「アンタ殺気がダダ漏れだぞ?」と言うと、輩は「強者を呼び寄せるにはこれが一番よ」と戦う意志を見せた。

輩が殴りかかるが躱され、ペリオの反撃を浴びる。

ペリオが「さあ、何者か名乗るんだ」と言うと自身の手が燃えていることに気づき、輩は「名乗ってやろう、お前さんにその価値があるのなら」と言い放った。

雨が降る中、ランスロットは一人腰掛けたたずんでいた。そこに謎の少女が声をかけてくる。ランスロットが「ちゃんと寝ねーと大人になれねーぞ?」と言うと少女に真似され、「まさか俺の心を読んだのか?」と問うが、少女は「あなたが何を言うか知ってただけ」と答えた。

ランスロットが少女の顔に見覚えを感じていると、少女は「あなたの恋人よ」とランスロットにキスをしてみせた。

<<前の話 58話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。