黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】57話のネタバレ【四人目の〈黙示録の四騎士〉がガウェインと判明】

黙示録の四騎士57話の要約と注目ポイントをまとめています。57話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士57話のネタバレ

メリオダスがバルトラの元に向かうと、バルトラは〈黙示録の四騎士〉の詳細以来の予兆を夢に見ていたようだった。

トリスタンが四人目の黙示録の四騎士が逃げた知らせに驚いていた。ランスロットは王国から出る前に捕まえるため、トリスタン隊に西門方面、パーシバル隊に東方面を任せ、自分は単独で南門方面を担当して捜索することに決める。

トリスタンから四人目の騎士の名前がガウェインで、金の装飾をあしらった真っ白な全身鎧をまとった長身の騎士であることを告げられる。そして、金色の魔力の持ち主であると。

それ以外の情報を尋ねられると「旅の間ずっと鎧を脱がなかったから正直ほとんどわからないんだよ」と答える。が、ランスロットに心を読まれたことで観念し、「ガウェインは我らが宿敵アーサー王の血縁なんだ」と明かした。微妙な空気が流れるも、それぞれがガウェインを捜索することになった。

ナシエンスが先のパーシバルの魔力と言語の変化に言及すると、パーシバルは「イロンシッドに負けかけた時と同じようにみんなが僕をまた引き戻してくれた」「僕すごくうれしいんだ、みんなが一緒にいてくれることが」と満面の笑みで感謝を伝えた。

アンはキオンに気をつけるよう伝えた。キオンはパーシバルが〈黙示録の四騎士〉とわかった上で本気で襲ってきていたのである。が、パーシバルは気にすることなく「一番にガウェインを見つけよう」とガウェイン捜索に集中していった。

ガウェインが一人たたずんでいた。

謎のフードたちが街中を歩く。

さらに、少女が「真昼の月、そして遠雷とそぼ降る雨、ずっとこの時を待ってたの」と歓喜している。

バルトラは「王国を月と遠雷と雨が祝福する時、ついに四人の予言の騎士は集結を果たす」「だが、混沌よりの刺客と裏切りの刃により希望もまた奪われる」と予言をつぶやいた。

<<前の話 57話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。