黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】56話のネタバレ【パーシバルの本性がやばすぎる・・・】

黙示録の四騎士56話の要約と注目ポイントをまとめています。56話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士56話のネタバレ

パーシバルがアンたちの無事に安堵する。怪我のせいで倒れるアンたちをパーシバルが治そうとするが魔力が出てこなかった。

パーシバルは「希望」は皆の想いがないと使えず、仲間が意識を失っている状態では発動しないことに気づく。「私に任せて」とトリスタンが癒やしの星で治療してあげた。

アンたちは一瞬でダメージが回復し、パーシバルがトリスタンの不思議な瞳に気づく。

イゾルデがトリスタンが女神の血を引いているためにどんな傷もたちまち治せることを伝える。トリスタンがキオンの腕を治そうとするが元に戻る気配がなく、「呪いの一種なのか?」と治すことができなかった。

キオンが「この落とし前をどうつけるんだ!!?責任をとれ」とパーシバルにブチギレると、パーシバルは「希望」で腕を元に戻していく。

トリスタンがキオンに「お礼とお詫びしないとね」と伝えると、キオンは「ありがとう」「さっきはごめん、うっかり勘違いしちゃったみたいで」と謝るが、ドニーたちは受け入れられなかった。

トリスタンが「勘違いなんて君らしくないな、キオン」「僕も君たちも予言の騎士の特徴は予言の詩によって知ってたよね?」「「鳥の羽の如き翠の髪の少年」、まさに一目瞭然じゃないか」「それともう一つ、「常闇の棺」の欠片を味方が奪還したという話も知っていたはずだ」と話すと、キオンは「そういえばそうでした」「イゾルデが鬼のような形相でパーシバル君を追いかけていたからてっきりキャメロットの刺客と勘違いしたんですよ〜」と弁明するが、アンはキオンの嘘に気づいていた。

トリスタンがイゾルデにパーシバルを追った理由を尋ねると、イゾルデは「このチビに奪われたから、トリスタン様に捧げると決めていた私の操を」と恥ずかしそうに答え、そのまま逃げるように走り去ってしまった。

トリスタンは「君と同じ〈黙示録の四騎士〉だ」とパーシバルに名を名乗った。

そして、トリスタンからランスロットも予言の騎士の一人であることを教えられる。そこにランスロットが合流し、トリスタンが城に連れ帰った四人目の〈黙示録の四騎士〉の四人目が逃げたことを告げられる。

<<前の話 56話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。