黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】55話のネタバレ【パーシバルの本性がやばすぎる・・・】

黙示録の四騎士55話の要約と注目ポイントをまとめています。55話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士55話のネタバレ

トリスタンが現れキオンたちに状況説明を求める。キオンが「常闇の棺」の欠片を所持していることを証拠に、アーサー王の配下の混沌の騎士であることを告げるが、トリスタンは「とてもそうは見えないけど」と半信半疑だった。シルフを使役していることに気づくと、トリスタンはキオンにシルフの使役をやめさせた。

キオンが「始末し損ねたな〜」とパーシバルに声をかけると、パーシバルは「僕はまた独りぼっちだ」「お前が、お前たちが奪ったんだ」と様子が変わっていく。そして、キオンの腕をつかんで投げ飛ばし、キオンの腕をとんでもない姿に変えていった。

イゾルデがジェイドに暗闇を解除するよう指示するが、パーシバルはジェイドの首元まで一瞬で迫り、「ダメだ」とトリスタンが阻止していく。

トリスタンは「彼の正体が知れない以上、今解くのは危険すぎる」と空に飛びパーシバルと対峙する。

パーシバルが「ヴァズ・ジグラ」としゃべると、トリスタンは「聞き覚えのない言語だな」「そしてこの魔力、荒々しく凶暴で心臓のようにうねっている」と何かを察し星の瞬きを放っていく。

が、パーシバルには効かず、魔神族ではないみたいとトリスタンの見当は外れてしまった。

トリスタンは剣を抜き応戦する。

パーシバルが立ち上がるとイゾルデたちも加勢に加わりとどめを刺そうとするが、アンたちがその前に立ちはだかる。

トリスタンが「彼は普通じゃない」とパーシバルの近くから離れるよう言うが、アンたちは「普通だろうと普通じゃなかろうとパーシバルはパーシバルよ」とパーシバルを抱き締めていく。ドニーがパーシバルの正体がリオネス王が呼んだ〈黙示録の四騎士〉であることを伝えると、トリスタンの指示でジェイドが暗闇を解除していった。

<<前の話 55話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。