黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】54話のネタバレ【トリスタンが登場】

黙示録の四騎士54話の要約と注目ポイントをまとめています。54話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士54話のネタバレ

イゾルデがパーシバルに襲いかかっていく。

パーシバルは魔力が地面に吸い込まれていくことに気づいていく。また、声が出ない上に息が苦しく、まるで神の指にいる感覚に陥っていた。

パーシバルが逃げまくっていると地面が爆発していった。

キオンはシルフでパーシバルの音と空気を奪っていたが、まだ意識を保つパーシバルのタフさを感じていた。

イゾルデが殴りかかるが、パーシバルは魔力で防いでいった。

するとシルフが怯えて消え、パーシバルは喋れるようになった。イゾルデは魔力を吸収されたことに驚く。

パーシバルが吸収した魔力で爆発を起こしイゾルテをぶっ飛ばすと、「いい加減にしろー、僕が何をしたって言うんだ」「僕の名前はパーシバル、王様に呼ばれてこのリオネスにやってきたん」と言おうとすると、ジェイドの魔力で真っ暗になってしまう。

パーシバルが顔面だけが暗黒に覆われていた。

ジェイドがパーシバルにとどめを刺しにかかると、ナシエンスたちが駆けつける。

イゾルテらトリエンス隊はナシエンスたちもろとも始末しようとしていく。キオンがシルフを再度呼び、ナシエンスたちは息ができなくなってしまう。

そして、イゾルテの棍棒で次々やられてしまう。仲間がやられるとパーシバルは「ツァルラ・ンドゥ」と唱え、キオンたちは恐怖を感じてしまう。

そこにトリスタンが駆けつけトリスタン隊を止めた。

<<前の話 54話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。