黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】52話のネタバレ【リネオスが消滅してしまうことが明らかに!?】

黙示録の四騎士52話の要約と注目ポイントをまとめています。52話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士52話のネタバレ

自分と同じような年の姿をしたメリオダスがリオネスの王様という事実を信じられず、パーシバルは思わず大笑いしてしまう。

メリオダスはパーシバルを歓迎していく。

パーシバルがなぜ自分が王国に呼ばれたのか、黙示録の四騎士とは一体何なのか、自分が世界を滅ぼすというのは本当なのか、アーサー王とはいったいどんな奴なのか、なぜバルギスが死ななければならなかったのかと次々質問をぶつけると、メリオダスはパーシバルを散歩に連れ出していく。

メリオダスが今は施薬院を営むドレファスとヘンドリクセンを紹介した。さらに、リオネス一の鍛冶屋とそこで働くジールを紹介する。パーシバルは市場に案内され、そこで〈黒猫のあくび亭〉名物であるフィッシュパイをご馳走になった。

パーシバルがリオネスが人間や巨人、妖精と一緒に暮らしているが魔神族はいないことに言及すると、メリオダスは「魔神族と暮らしたがる物好きがいると思うか?」と返す。パーシバルが魔神族の言葉で話すと、メリオダスも魔神族の言葉で返し、パーシバルはメリオダスが魔神族の言葉を話せることに驚いていた。

高い場所からリオネスの景色を見てパーシバルが「リオネスや周りに見える街や村に暮らす人たちは幸せなんだろうなって」と口にすると、メリオダスは「それも直に消えちまう、人も国も大地も何もかも全部」「助けてくれ、パーシバル」と衝撃的事実を告げていく。

<<前の話 52話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。