黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】51話のネタバレ【リネオス王メリオダスが登場】

黙示録の四騎士51話の要約と注目ポイントをまとめています。51話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士51話のネタバレ

パーシバルたちがリオネスの街を歩く。城に到着しランスロットが「こいつらを王に会わせる、通してくれ」と見張りに伝えると、見張りから王は城内の見回りに出かけたと伝えられる。ランスロットが目を話すとパーシバルがどこかに消えてしまっていた。

パーシバルは荷物を運ぶドレファスにぶつかってしまう。

院長先生となったヘンドリクセンが腰をやってしまったドレファスの元に駆け寄っていく。

荷物を運ぶパーシバルにとある男が声をかける。男は〈豚の帽子〉亭の人間であることを伝える。男がパーシバルの背負う「常闇の棺」の欠片に気づくと、「なーるほど、じゃあお前か」と勝手に何かを察していた。

パーシバルは男に案内され〈豚の帽子〉亭に到着した。

〈豚の帽子〉亭の店主はパーシバルを中に案内し、特製プティングを振る舞っていく。が、プティングはとんでもない味がしたようでパーシバルは気を失ってしまい、しばらく経ってから苦しそうに目を覚ましていく。

男が「まさかバルギスの孫が〈黙示録の四騎士〉の一人だったとはな」と言うと、パーシバルは〈黙示録の四騎士〉のことを知っていることに驚き「き、君は一体誰なんだっ!?」と尋ねると、男が酒場のマスター兼リオネス国王のメリオダスであることと名乗っていった。

<<前の話 51話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。