黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】49話のネタバレ【ランスロットの能力がやばすぎる】

黙示録の四騎士49話のネタバレを掲載しています。49話では、ランスロットがフィディックを圧倒していく。フィディックはなんとか逃走を図ろうとするが、ランスロットから逃れることはできなかった!?黙示録の四騎士49話の内容を知りたい方はご覧ください。

黙示録の四騎士49話のネタバレ

ランスロットの登場にドニーたちは驚きを隠せなかった。

フィディックが「ランスロット、耳に覚えのない名だが、どういうことだ?」「お前ほどの手練の聖騎士であれば、とっくに我々側で噂になっていてもおかしくないはず」と言うと、ランスロットは「簡単な話さ、噂ってのは生きのびた奴が広めるもんだろ」「俺と戦った奴は生きちゃ帰れねえ、ただそれだけだ」と返した。フィディックが「つまらん冗談だな」と返しながらも「ハッタリではない、こいつは早々に仕留めねばならん」「弓矢の持ち手と素手での打撃、利き腕は完全に左」「そして、魔力は「変身」、自在に狐に変身する分こちらの狙いは定めづらい」「問題は奴の主要武器」「エルギンとバーギの急所を寸分たがわず射抜いた弓、それともドロナックを葬った拳か」「答えは一つ、こいつに反撃の余地を与えずに殺す」と考えていると、ランスロットは「もういいか?」「俺を殺す算段はまとまったんだろ?」とフィディックの考えを読み取ってしまう。

フィディックが超高速でランスロットの背後を取る。

アンが「奴の動き見えた?」と聞くと、ナシエンスも「い、いいえ」とフィディックの動きを捉えられていなかった。

フィディックが「「加速」、この魔力こそ〈迅雷〉のフィディックの二つ名の由来よ」「鍛え抜いた我が肉体に更なる速度が加わることであらゆる対象を確実に捕捉し、両断するパワーが宿るのだ」と超速の攻撃を繰り出すが、すべてランスロットに躱されてしまう。

フィディックは「たいした勘だ、しかし勘ではいつまでも避けつづけることは不可能」と超スピードで攻撃を仕掛け続けるが、やはりランスロットに当たることはなかった。

フィディックが「楽しいなァ、ランスロット」と言いながらも内心「どういうことだ、なぜ、なぜ一撃も当たらないんだ」と焦っていると、ランスロットは「本気で楽しめてんのか?」「ま、俺にはいい準備運動になったんだがな」「キツネでいると身体がなまるんだ」と余裕で躱しまくる。フィディックが「ありえない反則的な反応速度だ」「だったら、これに反応できるか!?」と何かを仕掛けようとするが、その前にランスロットに潰されてしまう。

フィディックが「な、なぜノーモーションの蹴りが見破られた」「ここは一旦距離をとって」と考えるが、その前に蹴り飛ばされてしまう。

フィディックが「こ、この俺が何もできないでいる、だと?」と今の状況が信じられずにいると、ランスロットが「一つ聞く、お前らの仲間に星型のバイザーの兜をかぶった奴はいるか?」と確認する。それを聞いたフィディックが「なんの話かはしらんが」と返すと、ランスロットは「なるほど、知ってはいるがとくに面識はなしってところか」と言う。ランスロットが「ついでにもう一つ、巨人の名工ダブズの所在は知っているか?」「チェッ、何も知らねぇのか」と勝手に理解していると、フィディックは「お前はまさか、心が読めるのか」とランスロットの能力に気づいていく。

フィディックは絶対強制解除で結界を解き、猛スピードで逃走する。

フィディックがスレイプニルを呼び「キャメロットに戻り急ぎ報告をする」「ランスロット、今より貴様の名はキャメロット中に知れ渡り、〈黙示録の四騎士〉同様我ら全員にその首を狙われることになろう」と逃走を図る。

ランスロットが「ドニー、ナイフを貸せ」とナイフを手に取り、シャイニング・ロードを繰り出す。

フィディックが「なんだ?光の道筋が追ってくる!?」「これはランスロットの魔力」「スレイプニル、あの光を振り切るんだ」と気づくが、光の追跡は振り切れずに直撃してしまう。

フィディックとスレイプニルが消滅し、ランスロットは「言ったよな?俺と戦った奴は生きちゃ帰れねえって」と言い放つ。

<<前の話 49話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。