黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】48話のネタバレ【シンの正体がランスロットと判明】

黙示録の四騎士48話のネタバレを掲載しています。48話では、シンを危険視するフィディックたちにシンが追い詰められてしまう。が、シンが正体を明かし、その正体がランスロットと明らかになる。黙示録の四騎士48話の内容を知りたい方はご覧ください。

黙示録の四騎士48話のネタバレ

ドニーたちが「どうしてあいつらシンを!?」と驚いていると、フィディックが「集団戦の基本は頭を潰すことだ」「予言の騎士とはいえど、あんな子供たちが生き永らえてこれたのは何者かの先導があったからに違いあるまい」と言う。

シンが「それが俺だと?」と返すと、フィディックは「絶望一色だった子供たちの目がお前の一言で一変した」と告げる。

パーシバルがシンの救出にいくが、パーフェクトキューブを展開され近寄れなくなってしまう。

フィディックが「使い魔よ、お前は俺があの兜の小僧の背後をとった際、奴の足を払って転ばせたな」「さもなくば今頃、小僧の頭は身体から転がり落ちていたはず」と言うと、エルギンも「俺の「劣化」の魔力を先読みしてガキ共の武器の劣化を喰い止めさせやがった」「それに俺らの情報に詳しすぎんのも気味が悪ィ」と言う。バーギも「なによりこいつの的確な指示のせいで私はあんな小娘に負けたんだから」と言うと、ドロナックも「長髪の子供、こいつの助言で覚醒した、危険」と同じくシンを危険視する。

フィディックが「そう、お前が最も厄介な存在だと俺の本能が告げている」「そこらの聖騎士の使い魔ではあるまい、リオネス王直属の使い魔だな?」「使い魔よ、取引といこう」「我らに有益な情報をリークしてくれれば楽に死なせてやる」「だが拒むなら、生き地獄を味わった挙げ句死ぬことになる」「選べ」と条件を突きつけると、シンは「情報を教える代わりに子供たちを見逃してくれと頼んだら」と聞くが、フィディックは「それは不可能だ」「あくまで我らの任務はアーサー王の脅威となる予言の騎士とその仲間の始末に他ならない」と伝えた。すると、シンが「パー公」「もう少しのんびりお前らと旅をするつもりだったがどうやらここまでだ」と言い、フィディックが「返答を聞こう」「安らかな死か、絶望の死か」と問う。シンが「自分に酔ってんじゃねーよ、タコ」と返すと、フィディックは「選択をミスしたな」と剣を振りかざす。

フィディックが剣を振り下ろすが、そこにシンの姿はなかった。

そして、エルギンが矢に刺され倒れていく。

バーギが「正確に急所を突かれてる」「この矢は一体どこから!?」と驚いていると、シンが「他人を殺す気があるってことは、自分も死ぬ覚悟があるってことだよな?」と告げる。フィディックが「お前がやったのか!?」「どうやって!?」と動揺すると、シンは「もう一回見せてやろうか?」と言ってのけた。

バーギが「「四大元素の杖」、汝に命じる」「生み出せ、風の刃」と風の刃を繰り出すが、シンには命中しなかった。

そして、バーギも矢に射られる。

パーシバルが「ドニー、ナシエンス、あの矢って」と何かに気づくと、ナシエンスも「タリスカーの操り人形を壊した弓矢と一緒です」と気づいていた。

ドロナックが「うごおおおお、殺す殺す」と我を失うと、フィディックが「やめろドロナック、ここで魔力を使うんじゃ」と止めようとするが、ドロナックは「衝撃」を繰り出した。

が、ドロナックは「なぜ俺の魔力で吹き飛ばない」とシンが動じていないことに気づき、シンの攻撃にやられてしまう。

すると、フィディックがドロナックを両断した。

シンが「仲間でも容赦なし、か、クソ野郎だな」と言うと、フィディックは「こいつはお前の攻撃ですでに絶命していた」「名乗れ、何者だ!?」と問い、男は「ランスロット」と名を名乗る。

<<前の話 48話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。