黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】43話のネタバレ【エルギンを撃破】

黙示録の四騎士43話のネタバレを掲載しています。43話では、エルギンの魔力が明らかになる。ナシエンスはエルギンの魔力をも自身のものにしていた。黙示録の四騎士43話の内容を知りたい方はご覧ください。

黙示録の四騎士43話のネタバレ

「劣化」

「不意打ち上等、少しは楽しめそうだなぁ」とエルギンが踏みとどまる。

パーシバルが「直撃したと思ったのに」と言うと、シンは「ほとんどの攻撃を紙一重でかわされたか、やっぱ実力差があるようだな」と感じていた。

エルギンが「直撃したと思っただ?チビッ子」「てめぇの動きは読めすぎなのさ、さてはろくに剣も使ったことのねえド素人だな?」「冗談じゃねえぜ、マジでこんな奴が予言の騎士なのか?」「だが、そこの女はいい剣筋だった、全部防ぐつもりが一発もらっちまった」「帽子のガキはセンスこそあるがいかんせんパワーがなさすぎる」「それから、今のコンビネーションはかなり良かった」と伝えると、アン・パーシバル・ドニーがキレていく。

エルギンが「囮を使って俺たちを分断させ一人ずつ潰す魂胆だよな?」「万が一の混戦に警戒し、狭い足場に誘い込もうって作戦なんだろうが墓穴を掘ったな」と飛び上がる。

そして、美食家の涎を繰り出す。

シンが「パーシバル、ナシエンス、全員の武器を魔力でコーティングしろー」と叫ぶと、雨が降りパーシバルが「これって雨!?」と聞き、ドニーが「多分奴の魔力だ」と伝える。

エルギンが足場に剣を突き刺すと足場が崩れ、アンが「なんて威力よ、足場が一撃で」と驚くが、ナシエンスは「いいえ、剣撃の影響だけではありません」とエルギンの魔力で足場が脆くなっていることに気づいていた。

アンが「とにかくこのままじゃ足場ごと私たち真っ逆さまだわ」と焦るも、ドニーの浮遊の魔力で落下を防いでいった。

エルギンが「そうだ、それでいい」「さっきのでわかった、「浮遊」だな、お前の魔力は?」「な?」とドニーを殴っていく。

エルギンが「おっとっと、がんばれよ〜!?」「大事な仲間を殺したくはねえだろぉ?」と殴り続けると、パーシバルが「やめろ」と斬りかかるが、「だから素人の動きは読めすぎんだよ」とあっさり躱していく。パーシバルも蹴り飛ばされシンが「冷静になれパー公、てめぇの魔力で全員を飛行状態にすりゃいいんだ」と叫ぶと、エルギンは「そんなことされちゃ困るぜ、もっと楽しませてくれよ」とボコボコにしていった。

エルギンが「うちのリーダーはよ、「確実に速やかに」がモットーなんだが、俺のモットーは「なんでも美味しく」なんだよな〜」と言うと、アンが「ど、どうして二人共あの程度の攻撃であんなひどい傷に!?」と気づき、ナシエンスが「十中八九変性型の魔力のせいですね」と伝える。エルギンが「「劣化」、俺の魔力を喰らえば最後、鉄も石も肉も木もその硬度と強度を一段下げちまうのさ」「さあ、次はお前が試すか!?」「そのキレイな顔を滅茶苦茶にさせてくれよ」とナシエンスに斬りかかると、アンが「ナシエンス、私と替わって」と言うが、エルギンは「お前のパワーじゃ俺の攻撃は防ぎきれねえよ」と追撃を仕掛ける。



「調毒」極大向上

そして、ナシエンスの頭が斬られてしまう。

が、「丁度実戦で試せてよかった、この薬の効果を」とナシエンスにはダメージがなかった。

ナシエンスは「事前に摂取しておいて正解でしたよ」「これは摂取した対象の肉体強度・硬度を著しく高める効果があるようですね」「そして、流石は伝説の獣の角の薬効です、あなたの「劣化」程度は簡単に打ち消してしまうようだ」と「調毒」極大向上を発動した。

ナシエンスが霧を発生させると、エルギンは「これは霧?」「こんな一本道の上で目くらましつもりかぁ?」「死ねや」と斬りかかるも、自身の刀が斬られてしまっていた。

エルギンが「まさか、さっきの霧は「劣化」の魔力?」「なんで、お前が」と困惑していると、パーシバルが「ナシエンスは一度毒を摂れば自分の技にできるんだ」と説明し斬りかかった。

「くそ、が」とエルギンが倒れていった。

<<前の話 43話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。