黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】32話のネタバレ【ダルフレア山脈の食人鬼の村に迷い込む】

黙示録の四騎士32話のネタバレを掲載しています。32話では、パーシバルたちがダルフレア山脈を登山していた。そこで怪しい村を発見し、パーシバルとドニーは一目散に村に飛び込んでいってしまう。黙示録の四騎士32話の内容を知りたい方はご覧ください。

黙示録の四騎士32話のネタバレ

花嫁?

ドニーたちは険しい山道に苦戦していた。

ナシエンスが「休憩しませんか?」と苦労する一方で、パーシバルは聖騎士に影響を受けかなり元気だった。

ドニーが「なんたって俺の叔父さんだもんな〜」と言うと、ナシエンスも「ドニーはともかくハウザー聖騎士長は立派な人でしたよね」と評価していた。

夜になると一行は休息を取ることにしていた。

アンが「ねえシン、この山が越えるものがほぼ0の暗黒地帯と言われる理由はなんなの?」と尋ねると、シンは「このダルフレア山脈は別名おそろしの山と言ってな、そう呼ばれる所以がいくつもあるらしい」「どれも真偽は定かじゃねえ噂話レベルではあるが」「その一つが天啓」「この山は霊的な力を宿しているといわれ、不思議な現象に出くわすらしい」「例えば、未来の自分の姿が見えるとか未来の恋人に会うことができるとか」「他には旅人を騙し食う食人鬼の村が存在するだとか、入ったら二度と出られぬ異次元の洞穴があるだとか」と一通り伝えると、「さ、話は仕舞いだ、もう寝ろ」と言う。それを聞いたアンが「私、なんだか怖くて眠れなくなっちゃった」と怖がると、パーシバルが「じゃあ、ここは僕が楽しい話題を一つ」「僕の剣の名前と必殺技の名前をみんなで考えるってのどお!?」と話を振ると、「なんだか眠くなってきたみたい」とみんなから面倒臭がられ眠ることとなった。

シンが何かの気配を感じ「俺を呼んでいる?」と歩いていると、謎の女を発見しシンは「どうして俺の名前を」とつぶやく。

という夢をシンが見ていた。

シンから話を聞いたパーシバルが「え?」「夜中に一人で歩く女の人を見なかったかって?」「僕見てないよ?」「アンとグレーンをする夢は見たけど」と返し、ナシエンスが「夜中に女性が一人で山歩きですか?」と言うと、アンが「小便に行くアンを見たんじゃねーの?」と冗談を言う。シンは「ちがう」「あれは、花嫁?」と謎の女性のことが気になっていた。



化け物共の巣窟

パーシバルたちが山頂にたどり着くとまだまだ山が続いていた。

ドニーが「騙された」と叫ぶと、シンは「騙してねえ、端からヤン脈と教えただろう」「リオネス側に辿り着くまで4日はかかるだろうから覚悟しとけよ」と伝え、ナシエンスは「先に謝りますね、おそらく俺のせいで倍はかかるかと」と絶望していた。

道中、パーシバルとドニーが連れションしていると偶然村を発見する。

村人が笑顔で手を振っていることに気づくが、アンは「薄気味悪い村」「何より村全体から謎の魔力を感じる」と不気味がっていた。すると、「おめぇたちそこで何してる!!?」「そっちさ行ってはなんねえ、あの村は危険だ」と猟師の男が駆け寄ってくる。

が、パーシバルは「なんだか面白そーだぞ」と一目散に向かっていってしまう。

ナシエンスたちも追おうとするが、猟師の男が「待て、おめえたちも戻れなくなるぞ」と止め、アンが「どういうことです!?」「危険って、あの村には一体何があるの!?」と聞くと、猟師は「あれは村なんかでねえ、化け物共の巣窟だ」と伝えていった。

<<前の話 32話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。