黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】22話のネタバレ【キャメロット王国国王アーサー・ペンドラゴンが闇堕ち!?】

黙示録の四騎士22話のネタバレを掲載しています。22話では、七つの大罪の登場を危惧したことでイロンシッドが退却していく。キャメロット王国国王のアーサー・ペンドラゴンは、黙示録の四騎士であるパーシバルに明らかな敵意を見せる。黙示録の四騎士22話の内容を知りたい方はご覧ください。

黙示録の四騎士22話のネタバレ

伝説の英雄〈七つの大罪〉

イロンシッドが「やってくれたなパーシバル」「出来損ないの分際で」「これで我々の計画を阻止したつもりか?」「貴様たちを殺し、再び「常闇の棺」を元に戻せば済む話だ」「何より生贄となる人間はシスタナではなくとも、ブリタニアには掃いて捨てるほどいる」「所詮は一時的に儀式を止めたにすぎんのだよ」「そして、貴様の息の根は必ずここで止める」と言うが、モートラックが「残念だけどここまでだね、イロンシッド」と止めていく。

イロンシッドが「手を離すんだ、モートラック」「私はすこぶる機嫌が悪い」と言うと、モートラックは「怒るな怒るな、わかってるさ」「儀式を台無しにされて苛立つ気持ちも、せっかく見つけた〈黙示録の四騎士〉を逃がすまいっていう使命感も」「問題は街中の亡者共を一掃した敵の謎勢力だよ」と言う。イロンシッドが「正体を摑めたのか?」と聞くと、モートラックは「いーや」「だけど、推測はできる」「あんたが召喚したのはグレーター級の亡者共」「そのすべてを一瞬で全滅させるほどの力量だ」「そんな化け物が存在するとしたら、伝説の英雄〈七つの大罪〉、もしくはそれに匹敵する何者か」「だとしたら逆に我々の身が危ない、まずは一旦退くが吉だと思うけど?」と伝え、イロンシッドも「止むを得まい」と返す。

イロンシッドはパーシバルをにらみながらモートラックとともに消えていった。

パーシバルたちは「はあ〜」とへたりつき、パーシバルは「あ〜、死ぬかと思った」と笑っていく。

ドニーが「でもよ、俺たちあんな格上相手にやりあえたんだよな」と言うが、アンは「やりあえてない、あいつの足元にも及ばなかったわ」「パーシバルがいなかったら今頃全滅してたわよ」「大体一番大変な時に一人だけ逃げてたくせに」と咎め、パーシバルは「ううん、みんなで力を合わせてあいつを止めたんだよっ」と優しくフォローする。



「滅ぼせるものなら滅ぼしてみろ」

そこに「任務完了だな」とシンが現れる。

パーシバルが「ねえねえ、誰が街中の化け物をやっつけたの!?」と聞くと、シンは「森の動物たち」と答える。

ドニーが「そんな嘘を信じる奴がいると思」とツッコもうとするが、パーシバルは「すごいねえ、森の動物」「どんな感じの動物なの!?大きい!?色は!?」と信じ切っていく。

パーシバルの様子を見てドニーが「ホッとしたな、いつも通りでよ」「なんだかんだショックを受けているんじゃねえかと思ってな」「祖父の仇とはいえ、本気で実の親父と剣を交えたわけだろ」と話していると、パーシバルは「しまった」「うんこが生まれる」とトイレに向かっていく。

ドニーが「マジで何も考えてねえな」と言うが、ナシエンスは「そうでしょうか」と返していく。

パーシバルは一人「あいつ、じいじに似てた」とイロンシッドのことを思い出していた。

アーサーが「それでおめおめ戻ってきたわけだ、イロンシッド卿」「面白いじゃないか〈黙示録の四騎士〉だったっけ?」「次に会ったら伝えておいてくれないか?」「「滅ぼせるものなら滅ぼしてみろ」「このアーサー・ペンドラゴンを」ってさ」と言い放つ。

<<前の話 22話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。