黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】21話のネタバレ【イロンシッドの素顔が明らかに】

黙示録の四騎士21話のネタバレを掲載しています。21話では、ホープで強化されたパーシバルが麻痺毒で動きが鈍ったイロンシッドを上回り、常闇の棺を破壊していく。そして、イロンシッドの素顔がついに明らかになる。黙示録の四騎士21話の内容を知りたい方はご覧ください。

黙示録の四騎士21話のネタバレ

お前の負けだイロンシッド

イロンシッドが「「ホープ」だと!!?」「他者の想いを己の力へと変換する魔力など信じられん」と言いながら「聞こえるか、ダラクよ」「何をいつまでもモタついている、生贄はどうした!?」「儀式の準備はとうにできているのだぞ」と通信を取ると、ダラクは「イロンシッド様、それがまずいことに」「突如謎の襲撃を受け亡者たちが次々と撃破されています」と報告する。イロンシッドが「相手は!?人数は!?」と聞くが、ダラクは「わかりません、正体も数も何もかも不明」と答える。

アンが「みんな見て、化け物たちが倒されていくわ」と言うと、ドニーは「シンが援軍を呼んでくれたんだ、あいつマジか」と驚いていた。

パーシバルが「お前の負けだ、イロンシッド」と言うと、イロンシッドは「なるほど、私の負けのようだな」「よくぞこの短期間でここまで成長したものだよ、パーシバル」「きっとお前の祖父バルギスも勇姿を見たかったことだろう」と素直に認めていく。パーシバルが「お前がじいじを殺したくせに」と返すと、イロンシッドは「ああ、任務とはいえ私は自分の父親をこの手にかけ、あまつさえ息子のお前を二度も殺そうとした」「もうお前と会うことはあるまい」「私は任務失敗の責任をとらされ処刑されるだろう」「だが、当然の報いだな」「主君の命令とはいえ私は人としての道を踏み外したのだから」「息子よ、最後にその顔を間近で見せておくれ」「死ぬ間際にせめてお前の顔を思い浮かべられるように」と負けを認めるが、アンが「騙されないでパーシバル」「その男は黒い嘘の塊そのものよ」「謝罪も反省も悔恨も愛情も存在しない」「儀式を邪魔された今、あなたを殺すことしか考えてないわ」と魔力で見抜いていく。





素顔

アンの看破はイロンシッドの怒りに油を注ぎ、その瞬間イロンシッドの全神経はパーシバルに集中した。イロンシッドが連続攻撃を繰り出すが、パーシバルは飛んで回避していく。

仲間の想いを受けパワー・スピード共に増したパーシバル。一方、イロンシッドはナシエンスの純度の高い麻痺毒のせいで確実に動きを鈍らされていた。

パーシバルは分身を落とし煙幕を発生させる。

死角からイロンシッドを攻めようとするが、「貴様の動きなど丸わかりだ」と動きを読まれてしまう。

それでも正面からぶつかり合えばパーシバルに勝ち目はなかった。シンの言う通りあからさまな実力の差がそこには存在した。そして、イロンシッドの熟練の技と経験と全神経を集中させた攻撃が徐々にパーシバルの動きを捕らえはじめる。それが勝敗を分けた。

イロンシッドが「パーシバル、貴様に私は倒せんよ」と言うと、パーシバルは「だけど、勝負に勝つのは僕だっ、イロンシッド」と返す。イロンシッドが「何」「フン、狙いはあくまで棺というわけ」と言うと、棺が上空にあることに気づく。イロンシッドにとってドニーの存在などまるで眼中になかった。まさしく彼は路傍の石に足をすくわれたのだ。

そして、パーシバルの一撃で常闇の棺を砕いていく。

ドニーが「よっしゃ」「一個は欠片を確保しておかねーとな」と欠片を確保する。

そして、イロンシッドの仮面が割れ素顔が明らかになっていく。

<<前の話 21話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。