黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】19話のネタバレ【パーシバルが死亡!?】

黙示録の四騎士19話のネタバレを掲載しています。19話では、イロンシッドの圧倒的強さを前に、パーシバルたちがやられていく。そして、イロンシッドは黙示録の四騎士の集結を阻止するため、息子であるパーシバルに止めを刺してしまう。黙示録の四騎士19話の内容を知りたい方はご覧ください。

黙示録の四騎士19話のネタバレ

絶望

イロンシッドが「そんなに絶望を知りたくば私が教えてやろう、ガキ共」とベルフェスト・マーゴを放っていく。

逃走するドニーが化け物から身を隠す。

ドニーが「くそ、こんな街からは一刻も早く脱出しねーと」と言うが、化け物に襲われる子供を見つけてしまい「叔父さん、俺どうすりゃいい!?」と苦悶していく。

カルデンが身を呈してイロンシッドの攻撃からアンを守っていたが、パーシバルの魔力によってダメージは少なかった。

アンが「ナシエンス、大丈夫?」と聞くと、ナシエンスは「心配しないで、俺は人一倍体力がないだけですから」「それよりもパーシバルは」と返す。パーシバルはイロンシッドに捕まっていた。

イロンシッドが「珍妙な魔力でよく私の魔力から仲間を守り切ったものだ」「確かに、このまま成長を続ければ厄介な存在になることは明白」と言うと、パーシバルは「答えろイロンシッド、なんで、なんでおまえはじいじを殺したんだ」と返し、イロンシッドは「簡単なことさ、あの男が万が一にも〈黙示録の四騎士〉である可能性を考慮すれば当然の判断さ」と言い放つ。パーシバルが「それがじいじを殺した理由なのか!?」と聞くと、イロンシッドは「奴はこの私から大事なモノを奪い逃亡したのだ」「それだけで十分万死に値する」と返していく。



じい、じ

アンがイロンシッドに斬りかかるが軽くいなされる。

が、アンは「今よ、棺を」と伝え、パーシバルが儀式を止めようとする。

パーシバルが「イロンシッド、今すぐ儀式を止めろ」と言うが、イロンシッドは「それが親への態度なのか?」と剣を手に突き刺す。

アンが「や、やめて、やめなさい」「自分の子供によくも」とイロンシッドに向かっていくが、イロンシッドは「黙れ小娘、次は剣を折るだけでは済まないぞ?」と圧を放つ。

イロンシッドが「今日はいい夜だ」とパーシバルをボコボコにする。

イロンシッドは「この儀式が完成する時、我らの目下の障害であるリオネスは確実に崩壊し、そして、貴様を始末することで〈黙示録の四騎士〉が全員揃うことはなくなるのだろうからな」「それにしても滑稽で珍妙なできそこないにはふさわしい魔力よ」とパーシバルに止めを刺す。

ナシエンスが「俺は何も、何もできなかった」と涙を流すと、アンも「こんなの、こんなのあんまりよ」と涙を流し、パーシバルの魔力も消滅していく。

イロンシッドは「さあ、混沌の亡者共、シスタナの住人共を皆殺しにせよ、儀式を完成するのだ」と言い放つ。

<<前の話 19話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。