黙示録の四騎士

【黙示録の四騎士】11話のネタバレ【次なる刺客タリスカーが登場!!!】

黙示録の四騎士11話の要約と注目ポイントをまとめています。11話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士11話のネタバレ

シンは「元凶を潰しゃいい」とオルドを元に戻せる方法を伝えた。ドニーが妖精を矢で狙うが外れてしまった。

ドニーが外し続けると、誰が放ったかわからない矢が妖精に突き刺さる。

そして、オルドの動きも止まる。

妖精が真の姿を現した。

この騎士は琥珀の騎士タリスカー。永遠の王国の主君に仕える聖騎士の一人だった。

タリスカーは「我輩に一撃でも入れられたなら教えてやろう」とオルドが今の姿になった経緯を話すことを約束する。それを聞いたナシエンスは麻痺毒と睡眠毒を武器に付与させた。ナシエンスは変性型と付呪型二つの特性の魔力保持者だった。

パーシバルも魔力を出そうとするが出すことができなかった。

ナシエンスが「その気持ちだけでも嬉しいです」と一人で向かっていくと、タリスカーはヘイル・インパクトを繰り出した。

タリスカーが命じると、オルドが襲いかかってくる。

魔力を使えないながらもパーシバルが止めに入る。タリスカーが雹を降らせとどめを刺そうとすると、パーシバルは雹を撃ち落としていった。

が、パーシバルはボロボロになってしまう。パーシバルが「じいじは必ず元に戻せるよ」とナシエンスに伝えたところで、パーシバルから魔力が湧き出てくる。

<<前の話 11話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、今までの話を読み...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。