スパイファミリー

【スパイファミリー】7話のネタバレ【アーニャの制服姿がクソ可愛いwwwww】

スパイファミリー7話の要約と注目ポイントをまとめています。7話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、スパイファミリーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

スパイファミリー7話のネタバレ

イーデン校への入学が決まり、アーニャの制服が作られていた。

仕立て屋から「伝統あるイーデンじゃOBの親とそうでない者とでちょっと壁があって、それが子どもたちの間の差別やいじめを生んでるみたいよ」と伝えられ、アーニャは「がっこういくのやめる」と怯えてしまう。

採寸が終わり店を出ると、アーニャは誘拐を恐れてしまっていた。レストランで食事を取ると、ロイドの料理に「作戦会議の連絡」の暗号が届く。

ロイドの元に制服が仕上がったという連絡が入り、自身は作戦会議があるためにヨルに制服の受け取りをお願いした。ロイドは証明写真撮影機に入り、WISEの隠れ家にやって来る。

管理官の女性はロイドが城を借りた費用にブチギレる。管理官はオペレーション〈梟〉フェイズ2の進行確認を行う。フェイズ2は懇親会だった。イーデン・カレッジ、学問・スポーツ・芸術あらゆる分野においてトップクラスの教育機関。そのエリート校の中でさらに彫り抜かれた優秀な生徒たちが皇帝の学徒となる。デズモンドの所属する懇親会に列席するには皇帝の学徒とその親であることが必須条件。特待生に選出されるには星と呼ばれる褒章を8つ獲得する必要がある。星は優れた成績や社会貢献などに応じて授与される。そのため、管理官は「まずおまえの娘を優等生に育て上げなくちゃならん」と告げた。それととは逆に成績不振や不品行に対しては雷と呼ばれる罰点が与えられ、これが8つ溜まると即時退学となると説明した。

ロイドはアーニャを優等生にするという任務に不安以外の要素が見当たらないと感じていた。

アーニャの制服が完成していた。

アーニャはるんるん気分でヨルとともにお出かけする。公園で他の家族を見ると、ヨルは「偽りの家族だってことはわかってる」「でも、私あの子にもっと母親らしくしてあげられないでしょうか」と感じていた。

ヨルはロイドの帰りが遅いため自分でご飯を作ることに決め、帰りにスーパーに寄ることにした。すると、不良たちがイーデン校の制服を着ているアーニャに金目当てで目をつけていた。

ヨルが目を離した一瞬の隙にアーニャが不良たちに捕まってしまう。

誘拐に気づいたヨルがブチギレ不良を蹴り飛ばしていく。

不良が家政婦と勘違いしたヨルにお金を要求すると、ヨルは「私はその子の母親ですッ」と怒りを示しながら脅していく。

ヨルの恐ろしさにビビった不良たちは逃げていった。ヨルが「私が目を離したばかりに」と謝ると、アーニャは「つよくてかっこいいははすき」とヨルを撫でた。

イーデンの生徒が狙われることがわかったアーニャはヨルに「とっくんして」「ははみたいになりたい」とお願いし、ヨルは早速帰ってアーニャに特訓をつける。それを見たロイドは「マジで不安しかない」とさらに不安を増していた。

<<前の話 7話 次の話>>

【スパイファミリー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】スパイファミリーのネタバレ記事を一覧でまとめています。スパイファミリーの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。