スパイファミリー

【スパイファミリー】67話のネタバレ【ロイドがスパイとバレる・・・】

スパイファミリー67話の要約と注目ポイントをまとめています。67話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、スパイファミリーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

スパイファミリー67話のネタバレ

ダミアンと母

ヨルがメリンダと接触したということをアーニャがダミアンに話す。ダミアンが「オレの話聞いたかてめー!?」と焦るが、アーニャは「とくになんもきいてない」と答え、ダミアンは意味深な表情を浮かべる。

メリンダがダミアンの話をした時の反応も謎でしたが、ダミアンのこの表情も謎です。ダミアンとメリンダの間には深い事情があるのは間違いないでしょう。

ジェラルド・ゴーリー

今回新キャラが登場。ジェラルド・ゴーリー。バーリント総合病院診療部部長。

ロイドの上司だが、チヤホヤされるロイドにジェラシーを燃やしているらしい。フィオナの2人で話すロイドを見て、「この病院にいれんようにしてやる」と動き出す。

ゴーリーがロイドに立て続けに嫌がらせをするが、好感度激高なロイドはどんな失敗をしても周りからの評価は下がらなかった。ゴーリーは最後の手段として「うちの職員にスパイが」とデタラメの通報をする。いや、合ってるんですがねw

今回は「スパイ」と報告されたロイドがいかに切り抜けるかの話になりそうですね。ロイドがどんな方法で切り抜けるか見ものです。

 

病院に保安局の人間たちが現れる。

ゴーリーがロイドがスパイ行為を働いている偽装の証拠を見せると、ロイドが手錠を掛けられ逮捕されていく。

保安局の正体はフランキーだった。

保安局に扮したフィオナがゴーリーが証拠を提出してきたことをロイドに明かす。

古い型のタイプライターが使われてることから、ゴーリーが作ったことが疑われる。ゴーリーは病院内でのブラックリストに入っていた。ゴーリーが連行されそうになると、ロイドが「部長はこの病院の宝です、希望の光なんです」と連行を止めていく。

「いい歳こいて青臭ぇやつらだぜ、嫌いじゃねえけどな」とフランキーがゴーリーを見逃していった。連行を免れたゴーリーはロイドに泣きながら感謝し、丸く収まっていった。

<<前の話 67話 次の話>>

【スパイファミリー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】スパイファミリーのネタバレ記事を一覧でまとめています。スパイファミリーの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。