スパイファミリー

【スパイファミリー】42話のネタバレ【アーニャの母国に秘密があることが判明!!!】

スパイファミリー42話の要約と注目ポイントをまとめています。42話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、スパイファミリーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

スパイファミリー42話のネタバレ

要点

  • イーデン校七不思議の一つ「知恵の甘味」現る
  • アーニャたちはババ抜きで「知恵の甘味」を食べれる人を決めることに
  • 「知恵の甘味」を食べてもテストの結果は変わらなかった
  • アーニャの母国に秘密あり??

「知恵の甘味」

イーデン校には口にした者たちが数多皇帝の学徒となったとされる「食べればたちまち頭が良くなる」と言われる「知恵の甘味」が存在していた。

後期のクラス分け

イーデン校は後期から学力別クラス分けが行われる模様。要は、学力が近い人同士のクラスに分けられることに。となると、アーニャは相当頭悪い人らのクラスに振り分けられしまいますね。必然ダミアンとも別のクラスに。

「知恵の甘味」現る

元宮廷料理人の伝説のパティシエが作った「知恵の甘味」が食堂に並んだという噂が流れ、アーニャやダミアンらをはじめ生徒らが殺到する。「知恵の甘味」は最後の一つだったが、最後の一つをジョージが注文してしまう。ジョージはすでに5個買っていたようで、残り4つをアーニャたちにあげることにした。

ババ抜き

「知恵の甘味」4つに対しアーニャたちは5人。ババぬきで誰がマカロンを食べれるか決めることに。アーニャは超能力のおかげで圧勝してしまう。「イカサマじゃなきゃこんなん心が読めるとしか思えねー」というダミアンの心を読んだことで、焦ったアーニャはもう一度ババ抜き勝負を提案する。今度はわざと失敗したフリをすることにした。

アーニャはわざと失敗してダミアンとの一騎打ちになった。アーニャは嘘を隠すことができず表情でババがバレバレだったwが、アーニャの泣きそうな顔を見てダミアンはわざと負けることにしたのだった。

ダミアンが「ずりーんだよあいつは」と考えていると、アーニャは「はんぶんこするか?」と提案した。ダミアンは嬉しさを爆発させながらも「オレはそんなもん食わなくたって皇帝の学徒になれんだよ」とブチギレた。照れ隠しが可愛いんだよな。

アーニャの母国

「知恵の甘味」を食したアーニャは猛烈に勉強に取り組み始めた。が、結果は悲惨なものだったww結局、「知恵の甘味」は何の意味もなかったということですね。

今回、注目したいのがアーニャの古語の点数。他のテストが20点程度だったことに比べ、古語のテストは41点と上々。ロイドは「生まれ育った環境で学んだものか?しかし、今でも古語を母語としている国なんて」とアーニャの母国に注目していました。これはアーニャの母国や過去が掘り下げられる回がくると見て間違いないでしょう。

<<前の話 42話 次の話>>

【スパイファミリー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】スパイファミリーのネタバレ記事を一覧でまとめています。スパイファミリーの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。