スパイファミリー

【スパイファミリー】28話のネタバレ【ジョージのクソさがやばいwww】

スパイファミリー28話の要約と注目ポイントをまとめています。28話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、スパイファミリーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

スパイファミリー28話のネタバレ

先月某日。グルーマン製薬の社長はデズモンドグループのせいで後一月足らずで消えてしまうということを話しており、息子がそれを聞いてしまっていた。

現在。イーデン校にて星を獲得したダミアンがチヤホヤされていた。

アーニャは「許すまじデズモンド」とダミアンを憎むグルーマン製薬社長の子供の心の声を聞いてしまう。

《東雲》を雇っていたのはこのグルーマン製薬社長の子供だったことが明らかになる。グルーマン製薬社長の子供ジョージはまだダミアンを退学に追い詰めようとしており、自分でタバコの吸い殻を落とし、それをダミアンが吸っていたことにしようとする。

ジョージが先生を呼ぶと自分で顔面を殴り「タバコを見つけて先生に報告しようとしたら彼にいきなり殴られて」と嘘の報告をした。が、「じなんはそんなことしない」とアーニャが本当のことを伝えた。

アーニャのおかげで無事ことは収まりダミアンがジョージにキレると、ジョージは「ボクの人生終わったぁあ」と父の会社が今日倒産することを話した。ジョージが「キミが赤点を取ったり退学になったりすれば、キミんちが混乱して倒産もウヤムヤになるかもって思ったんだ」と動機を口にすると、ダミアンは「大体オトナの問題にオレを巻き込むな」ともっともな言い分を返す。ジョージは納得しながらも「ボクはオトナの都合で退学になっちゃうんだ」と嘆く。「ボクだってもっとこの学校で青春を謳歌したかったんだー」と泣き叫ぶと、ダミアンは同情してきてしまう。

ジョージは「学食の「最高級キャビア丼」、結局一度も頼んだことなかったな」「一度でいいから胸に星つけてみたかなったな」とこれみよがしにワガママを言ってそれを叶えてもらう。「来月くらいにはきっとボクんちは一文無しになってそれできっとボクはジンシンバイバイとかで西国に売られたりしちゃうんだ」と嘆くが、アーニャが「だいじょぶ、にしはあんしんのくに」と伝えた。

皆の優しさに気づきジョージは涙を流していく。

ジョージが年度末の合唱コンクールが楽しみだったと最後のワガママを口にすると、皆で合唱を始め最高の思い出を作ることができた。

皆が思い出になるよう私物をプレゼントしていき、ジョージはイーデン校を去ろうとしていた。

その話を帰宅したアーニャがすると、ロイドが「グルーマン製薬は買収されるだけで倒産はしないぞ?」と伝えた。

グルーマン製薬の社長も経営危機だった我が社をデズモンドグループが救ってくれたとジョージに伝え、明日からも普通にイーデン校に通えと告げた。ジョージは顔を真っ赤にしながらイーデン校に通う。

<<前の話 28話 次の話>>

【スパイファミリー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】スパイファミリーのネタバレ記事を一覧でまとめています。スパイファミリーの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。