スパイファミリー

【スパイファミリー】25話のネタバレ【アーニャとダミアンの図工作品がやばいwwwww】

スパイファミリー25話の要約と注目ポイントをまとめています。25話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、スパイファミリーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

スパイファミリー25話のネタバレ

アーニャが学校に登校していた。アーニャがベッキーと話していると、ダミアンたちと遭遇する。

アーニャはボンドが映った家族写真を持ってきており、ダミアンに興味をもってもらう作戦を考えていた。

アーニャがわざとらしく写真を落とすがダミアンたちにはスルーされてしまい、ベッキーがロイドのかっこよさに食いつく。

ベッキーはロイドが映った写真を持っていってしまった。

図工の授業が始まり、材料で動物を作るようヘンダーソンから指示された。作品の出来が内申点に影響するという噂を聞き、ダミアンがやる気を出すと、アーニャと同じ班となり騒ぎ立てる。

アーニャは「このざいりょうでかっこいいボンドつくってじなんにあぴーるする」と考えていた。ヘンダーソンが作品の完成度や表現力以上に協調性・柔軟性・積極性・独自性の有無などその過程に注目しながら生徒の作品を見ていくと、ベッキーの独自路線にツッコマざるを得なかった。

モチーフはお題は動物だと言ったろうとツッコむが、ベッキーは「ヒトも所詮は動物です」と返し、ヘンダーソンは「真理」と納得した。

アーニャはボンドを完成させるがあまりにもお粗末な出来だった。

ダミアンは家紋に入っているグリフォンを作り上げようとしていた。

そして、完成度の高い作品を作って父親に褒めてもらおうと目論んでいたのである。アーニャはダミアンと仲良くなるため、「つくるのてつだう、アーニャのぶんのかみもつかえ」と申し出た。協力して1つの大作を作り上げようとする二人にヘンダーソンは注目していた。

足の制作を依頼されたアーニャはジェットエンジンを作ってしまう。

まったく役に立たないアーニャにダミアンがキレ、周りから紙をふんだくっていくと、ヘンダーソンが「ノットエレガントッ、その行いは紳士かね、デズモンド?」と注意した。ヘンダーソンが「今の自分の力でできる範囲の努力をしなさい」と伝えるが、ダミアンは「それじゃダメなんだ」とどうにか父親に認められる作品を作りたいと考えていく。

アーニャはダミアンに謝りながら「はねのかわりにこれあげる」と自分の作品を差し出した。「めすのぐりほんにかいぞうした、おまえのやつとせっとにしろ」と伝え、ダミアンはセットで作品にしたのだ。

ダミアンの作品は「翼をもがれてもなお雄々しい姿に戦争から立ち直るわが国の未来を見た」というまさかの評価を受け金賞を取ることができた。

ダミアンが家に電話をし、執事に入学時アーニャに殴られたこへの父親の返事を確認した。執事が「坊ちゃんのお体をとても心配しておられました」と答えると、ダミアンは「ウソつきめ、父上はオレに関心がない」と感じながら電話を切った。そして、「認めてもらうには、喜んでもらうにはやっぱり皇帝の学徒になるしかないんだ」と改めて考えていく。

<<前の話 25話 次の話>>

【スパイファミリー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】スパイファミリーのネタバレ記事を一覧でまとめています。スパイファミリーの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。