スパイファミリー

【スパイファミリー】22話のネタバレ【犬がフォージャー家の一員に!!!】

スパイファミリー22話の要約と注目ポイントをまとめています。22話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、スパイファミリーの内容を振り返りたい方はご活用ください。

スパイファミリー22話のネタバレ

ロイドが爆弾犬に銃を放つと背負ってる爆弾を剥がすことに成功するも、犬に噛みつかれてしまう。

犬が食らいついたことを確認したキースが爆弾を起動するが、ロイドがすでに爆弾を遠くに放っており暗殺は失敗した。

キースは大臣が一瞬でそんな動きをしたことに驚く。ロイドは犬をゴミ箱に閉じ込め封じていった。

キースは大臣が別人になっていることに気づく。

車のナンバーを確認したロイドはキースらの計画の終わりを確信していた。

ヨルがいなくなってしまったアーニャを探していると、車で逃げるキースを発見し蹴りで吹っ飛ばしていった。

ヨルが警察に通報しこの一件は無事解決するのであった。

WISEは一件落着となったことに安堵し、ロイドは家族の元に戻っていく。すると、ヨルとアーニャとばったり合流した。

ロイドは二人もこの一件に巻き込まれていたことに気づく。アーニャが乗ってきた犬がプロジェクト〈アップル〉の実験体であることを察し、「そうであれば自由にしてやることはできん」と考えていると、保安局に扮したシルヴィアが現れた。

事情を聞きシルヴィアが犬を引き取ろうとするが、アーニャは「このいぬさんがいい」と犬を飼おうと主張する。

ロイドに反対されるが、アーニャは「このいぬさんかってくれなきゃアーニャぐれてがっこうやめる」と駄々をこねた。シルヴィアは「このままではオペレーション〈梟〉の危機だろう」と了承しアーニャの主張を受け入れた。アーニャを見たシルヴィアは「いい子じゃないか」とロイドに伝え、今日が平和であることを心から喜んでいた。

ヨルとアーニャが平和を守れて誇らしげな一方、ロイドは「体がもたん」と心労が尽きない様子で帰路に着く。

アーニャが家で待っていると、犬が家にやってきた。犬は過去酷い実験をされたトラウマを思い出していたが、アーニャに迎えられフォージャー家の一員となった。

<<前の話 22話 次の話>>

【スパイファミリー】全話ネタバレ一覧【最新話あり】スパイファミリーのネタバレ記事を一覧でまとめています。スパイファミリーの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。