終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】67話のネタバレ【ベルゼブブの過去がやばい・・・】

終末のワルキューレ67話の要約と注目ポイントをまとめています。67話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

終末のワルキューレ67話のネタバレ

サタンへの復讐

ベルゼブブは蝿の王、暴食の化身、悪霊の支配者、サタンと呼ばれ忌むべき存在として語られていた。

ベルゼブブは天界でもっとも孤独だった。ベルゼブブは「サタンに呪われてる」という噂があり、「ベルゼブブに関わった神は次々と不幸になる」と言われていた。ベルゼブブは「サタンに呪われし者(アナテマ)」と呼ばれるようになった。

誰にも近づこうとしなかったベルゼブブにアザゼル・ルシファー・サマエルの三天使が声を掛ける。

三天使はベルゼブブを「エデン」に誘う。ベルゼブブがサタンに呪われてるらしいから関わらないほうがいいと言うが、ルシファーが「なんかの迷信だろ」と意に介していなかった。「オレら絶対ウマがあう」とルシファーは確信しており、三天使はベルゼブブにとって初めてできた友達だった。

ベルゼブブは独りではなくなったはずだった。ベルゼブブがいつの間にか眠ってしまい、目を覚ますとルシファーたちは死んでしまっていた。

その時初めて「サタンへの復讐」というベルゼブブに生きる目的が生まれた。

サタンの正体

ベルゼブブは再び独りになった。サタンの研究を進めるベルゼブブにリリスが声を掛ける。

リリスはルシファーの幼馴染であり、サタンの呪いの真相を探るためにベルゼブブに会いに来たのであった。リリスはベルゼブブとともにサタンの研究を行うことにした。

どれだけ研究を進めてもベルゼブブはサタンを見つけることはできなかった。突如ベルゼブブはサタンの気配を感じていく。

ベルゼブブは「オマエが愛するものは須く滅びん」とルシファーたちを潰していく。

夢から覚めたベルゼブブはルシファーたちを失ってしまったことを後悔していく。リリスがベルゼブブを励まし、ベルゼブブにとってリリスが大切な人になっていた。そんなリリスのことをベルゼブブが貫いていた。

愛が極限まで極まった瞬間、ベルゼブブは愛するものを壊してしまう。いわく悪魔的生命の破壊衝動(デストルドー)。ベルゼブブはサタンが自分自身だと気づいていく。

リリスは「復讐の旅はもうおしまい、だってきっとルシファーも怒ったりしてない」「ベルゼブブ愛してる」と優しい言葉を掛けていく。リリスは「わたしたちの分も生きて」という言葉を伝え息絶えていった。

ベルゼブブは壊れてしまい、殺してもらうことを願っていた。

<<前の話 67話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。