終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】66話のネタバレ【ニコラ・テラスがやばいwwwww】

終末のワルキューレ66話の要約と注目ポイントをまとめています。66話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

終末のワルキューレ66話のネタバレ

テスラ

ブリュンヒルデとゲルは次の闘士の部屋に向かう。次の闘士はブリュンヒルデいわく「魔法使い」とのこと。その正体はニコラ・テスラだった。

「交流電気発生装置」「無線装置」「蛍光灯」など、今なお実用されてる科学技術を発明した天才科学者にして、世紀のマッド・サイエンティストと呼ばれる謎多き人物。「彼の研究はまるで魔法だ」と言われてきたそうだが、「魔法」という言葉は嫌いなようで、「使うのは「科学」だ」と言い放った。

そこにワルキューレ9女のゲンドゥルが現れる。

テスラはゲンドゥルを物色し、いきなり「その身、わたしに捧げてくれるか?」と言い出す。ゲンドゥルは喜んで受け入れ、神器錬成を発動させた。ゲンドゥルの名に宿りし力は「魔力を持つもの」。

テスラはスーパーオートマトンベータというアーマーを身に纏っていた。こいつだけノリ違くていいですねw

僕が出るよ

ヘルメスがハデスへのレクイエムを弾いていた。ベルゼブブはヘルメスの部屋に来ており、次の闘いへの参戦を宣言した。

<<前の話 66話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。