終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】64話のネタバレ【ハデス死亡でラグナロク第7回戦を始皇帝が勝利】

終末のワルキューレ64話の要約と注目ポイントをまとめています。64話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

終末のワルキューレ64話のネタバレ

ボロボロながら立ち上がる始皇帝を見て観客が沸き立つ。始皇帝は人類の声援を受け子供の頃を思い出していた。

春燕は自分との約束を守るためにずっと闘ってきたのだと悟り涙を流す。

アルヴィトが「どうするつもり?」と聞くと、始皇帝は「今一度承力天鳳を使う」と答えた。アルヴィトが始皇帝を信じ構えていく。ハデスも「誇りに思うぞ、貴様と闘えたことを」と構えた。

闘技場を見守る誰もが次の一撃が最後になると察していた。先に動いたのはハデス。イーコール・エーオースを繰り出した。

極限までハデスのイーコースを湛えたデスモスによる凄まじい刺突。触れただけで消滅するかのごとき冥界の王渾身の一撃を始皇帝は承力天鳳で受け止めた。

さらに、波流亀でデスモスの力を崩していく。

始皇帝は「片時も忘れたことはない」「朕の人生は絶望から始まった」「そんな朕に春燕が教えてくれた」「王とは絶望より生まれ出、希望をもたらす者也」と蚩尤 剣鎧式 始皇承力燕斬でデスモスを粉砕した。

ハデスは「素晴らしい、それでこそ王だ」と始皇帝を称えながら斬られていく。

「不甲斐ない兄を許せ」と弟たちに謝りながら死んでいった。

ラグナロク第7回戦を始皇帝が勝利していく。

<<前の話 64話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。