終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】62話のネタバレ【ハデスの過去が明らかに!!!】

終末のワルキューレ62話の要約と注目ポイントをまとめています。62話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

終末のワルキューレ62話のネタバレ

「神々にとってのハデス様とは?」とアレスが問われる。

アレスは「ハデスの圧倒的な武に目がいきがちだが、あの御方の本質はそこではない」「その名を軽々しく口にすることさえ畏怖される冥界の王であり、神が最も信頼する神でもあるのだ」と答えた。その理由は天界最大の危機であるギガントマキアの時だったと過去を振り返る。

オリュンポス神殿にて。ゼウスは父クロノスを倒し、ギリシャ神界の支配権はゼウスが掌握した。だが、現初神ガイアはこれを承認せず、自らが産み落とした天界最強種族ギガンテスを率いて大挙襲来した。ここにギガントマキア勃発。

ギリシャ神界は徹底抗戦を決意するも圧倒的な巨人族の力に劣勢を強いられていた。

ゼウスが戦況を確認すると、ヘルメスが状況が芳しくないことを告げる。

この危機をアダマスが煽るが、ゼウスは「んなもん決まってんだろ」「神々の全霊で叩き潰すのみ」と狂気の表情で答えた。

久々の本気の喧嘩とゼウスがワクワクしながら出陣していく。

すると、ハデスの元に従者が「奈落よりティターン神族が進軍を開始した」という報告を入れる。タルタロス、冥界の最深奥にある死と闇が覆う神々の牢獄である。ギガンテス襲来の混乱に乗じ、タルタロスに幽閉されていたクロノス配下のティターン神族が解き放たれた。それは最強の敵からの挟撃、すなわち天界滅亡を意味していた。

ポセイドンが「どうかしたのか?」とハデスの様子をうかがうが、ハデスは「何でもない」とだけ返し去っていった。

長き戦いの果てギリシャの神々、ギガントマキアに勝利を収める。

ポセイドンが不在のハデスの所在を尋ねると、従者がティターン神族の侵攻を止めるため「おひとりで冥界へ」と答えていく。

ポセイドンが冥界へ行くと大量の屍の上に座るハデスの姿があった。

ポセイドンが「自らの兵を全て援軍に送り出し他の誰にも伝えず征くとは無茶がすぎるぞ」と言うが、ハデスは「兄として弟の背を守護るのは当然のこと」と返した。そして、「余は誰にも負けぬ、お前たちの兄として」と誓った。それを聞いたポセイドンは「兄上」と手を差し伸べ、ハデスは「はじめてだな、おまえが余を兄と呼んでくれたのは」と嬉しそうな表情を浮かべた。

ヘルメスがハデスが兄弟にこだわる理由を理解しかねていると、そこにアダマスが現れた。

アレスがアダマスが生きていることに驚きヘルメスにこっそり理由を尋ねると、ヘルメスは「しっかりケジメをつけられ、その後わたしがハデス様のご命令でお助けしたのです」「もっとも、治療したのはハデス様の依頼を受けたベルゼブブですけど」と答えた。

そして、オリュンポス13神アダマスは完全に滅せられたが、冥界で新たな神アダマンティンとして立派にやっていることを説明した。

アダマンティンはハデスが兄弟にこだわる理由などないとヘルメスに伝える。ハデスはただ兄弟のことが大好きなだけなのであった。

<<前の話 62話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用ください。 終...
▼LINE登録で超お得に漫画を読み放題できる情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。